2007年03月29日

宮古島ビーチクリーン



こないだ
ビーチクリーンに行ってきました。

ペットボトル・缶など、
ゴミの種類別に分別して集めてはいるのですが、

貝殻がくっついてたり、ちなみにこれ↓デカイ電球です。。ペットボトルと貝殻

フタもラベルもそのままだったり、
まあ、いちいちリサイクル考えて捨てとらんわなあ。。


・・・なんじゃこりゃ!?
爆発するかもしれんがな。。



一応、形だけは分別できたとは言え、
このままでは、どう考えても、

リサイクルなんてできんわぁい!
=埋めるか焼却処分ちゃうのぉ?

ってのは、
参加された全員が
感じたことなのではないでしょうか。


埋めると未来永劫、
土に還ることはありえないし、
燃やすとダイオキシンが発生します。

また宮古島の場合、
焼却炉が古いので、

焼却炉の寿命をさらに縮める
⇒以後処分できなくなる
⇒本島行き
⇒処分費用のためのカネの出所は?
⇒やっぱ税金で自分に跳ね返ってくるんちゃうのぉ!?

って感じになりますわなあ。。
(う〜ん。。)



まあ、
そんなこんな話であるので、
ビーチクリーン活動の落としどころもまた
やはりこちらに着地します。

@リデュース
(ゴミを出さないような生活をする)

Aリユース 
(それでも出たゴミはできるだけ再使用する)

Bリサイクル
(それでもどうしても再使用できなければ再資源化する)


言うまでもなく順不同です。。


これらを
全ての生活市民が徹底して行う意識を持つための、
ひとつのきっかけとして、
ビーチクリーンを行うことによって
ビーチクリーンをやる意味が出てくると思うのです。
(自己満足のためにやるのでは意味がないっす。。)


海に囲まれた宮古島では
特に、ゴミ問題(環境循環型社会達成のための)の
”シンボル的活動”ってことにもなるのではないかと。




さて。

あんなこんなをあれこれふまえた上で、
ビーチクリーンの具体的な本題。

ビーチクリーンを単なる自己満足や
海開き前の余興としてだけでなく、
効果あるものにするためには、

何処の(団体・個人等の主催する)
ビーチクリーン活動であっても、

時間があれば積極的に、
お互いが協力し
お互いが参加し
お互いが受け入れ合うことが必要だと思うのです。
(やっとる団体/個人の主義主張の違いや好き嫌いなんてのは、
この際どうでもいいことやがな。。)


あれは
”〜〜チーム(サークル)の活動やからのぉ〜〜”

なぁ〜んて
アホみたいな権威欲に縛られて、
ガキんちょみたいなこと言うとったら

ダメダメでっせ。


また、
ビーチクリーンは、
人目のないところで修行僧のようにやっても、
本来の効果は期待できません。
(見せつけるようにやるべしぃ!。。^^)

そして、
”なぜゴミを捨てるとダメなのか?”
ということについて、
広報(又は社会教育)ということも
同時に進める必要があるんでしょうな。



【まとめ】
@目的のためには主義主張/団体の違いを超えて協力し合う
A多くの人の目の前で行う
Bビーチクリーンの意義と意味を周知徹底させる広報活動を行う



思うに、
人が集まると
様々な思惑があるのは
当然なことだと思うわけです。

”政治関係”"商売関係”
”宗教関係””我がの商売の宣伝関係”等々、
宮古島でもまた、
いろいろな環境保護運動にかこつけて、
いろんな思惑があるのは当然のこと。。


でも、
たとえそれにどんな思惑があろうが、
その思惑が社会正義に反した悪どいことでなく、
やっとること自体は、
社会的に意義のあることであるならば、

時間が合えば
何処のビーチクリーンであっても
参加すべきだと思うのです。

って・・

普通に考えたら、
そう思えるんちゃいますかねえ。。
(まあ、思われん方々が多いから前に進まんのやろが・・^^)


ビーチクリーンとか
ボランティアだとか言う言葉を
使うこと自体は、
僕はホントは無茶苦茶うざいもんを感じますです。
(ロハスとかエコなんたらとかの言葉もホンマは嫌じゃ。。)

ゴミを出さんような生活をすることは
今の時代、もう当然のこっちゃし、
ゴミはゴミ箱に捨てるもんやし、
ゴミ落ちてたら拾うのも普通のことです。。

その普通のことに
関心持ってやっとるからって、
いちいち褒め合っても気色悪いだけやがな・・

ってな感じです。。


でも、
現実は、ビーチクリーンをやれば、
ものごっつ特別ないいことやっとるように
思われること多いです。

新聞とかでも結構ニュースになったりしてねえ。。


よくよく考えると、
このこと自体が、
ゴミ問題の深刻さを物語ってますし、
異常事態ですわなあ。。



ビーチクリーンは、

ゴミ問題解決のシンボルですよーい!

みなさん!
時間が合えばいろんなとこに

積極的に参加しましょうねえぇ〜〜〜




・・・




はよせな、
海岸の草が恥ずかしがって

こいつら覆い隠そうとしとりまっせ。。
07-03-29-4.JPG

2007年03月27日

東平安名崎の楽屋風景。。



「宮古島ファイル」の企画で、
週3回以上は、東平安名崎にチャリンコ出動予定であります。。^^

宮古島の東平安名崎と言えば、
人力男さんが有名ですが、

オリジナル三線のBOBさんも
人懐っこい笑顔を武器に大好評営業中です!

この日は、
"シルエットクイズ”したら、
”絵になる男NO1”の
重ちゃんも出勤してましたよーい。


しかし、
こちらのお方々。

いつみても、
”キャラクター商品”のようです・・・


フィギア作ったら絶対売れるはずぅ!。。^^


東平安名崎は、
宮古島の観光ポイントとして
超有名ってこともあってか、
この場所で出会った人とは、
他の場所でもバッタリ出会うことがよくあります。


現在、
EEEさんの、
「ランナー feat.KIKUZO」と言う楽曲をバックに、
宮古島プロモーションムービー用の映像を収録中です。
(YouTubeでアップ予定です)

楽曲の全曲試聴はこちらをクリック
(注!音でますよーい!)


カメラ構えてる僕と
偶然バッタリ出会うことがあったら、
ワンカットでもいいので映像撮らしてくださいね。


最後に、
この楽曲の詩をアップしときます。
まるで宮古島の風景を見て作ったような、
元気モリモリになるいい曲ですよーい!



【EEE 〜ランナー feat.KIKUZO〜 】

澄んだ空だけ描きなぐるスケッチ
かざせばキャンバスから
はみ出すmy dream
腕を広げて深呼吸した
胸に満ちてくるメロディー

履き慣れた白い靴
緩んだ紐を
気持ちごと結び直して
汚れても変わらない
大事なものは
carry on 守ってゆける
I'll get to anywhere

思い立ったが吉日
やっぱ切実
ここから始めるmake a trip
ひとりじゃちょっと「心細い」けど
リズムに乗ってそんでOK
上昇気流掴まえて
上がってけ全部もってけ
知りたい 見たい したい 感じたいなら
手当たり次第にI got it!

追い風に乗ってFly a way 
押し寄せる豪快Big wave
前向け前だ 走るんなら 
振り無くなよ絶対に
スピード全快で挑む限界 
その可能性はSo無限大
アスファルト蹴り上げ行こうぜ 
それが始まりのGo sign 

滴る汗を握り緊めた手
進む一歩一歩に
刻み込むbeat
心の熱が冷めない内に
助走つけて飛び出した

夏風と白い靴
オフロード駆ける
乾いた砂を蹴り上げて
標識も常識も
完全に無視で
go ahead 誰より速く
I'll get to anywhere

思いつくままaction
燃やせpassion
まだまだ続けるlong trip
たまにはwipe out「でも負けない」
開き直ってそんでOK
吹きつける風 向かって行こうぜ
五感 六感 研ぎ澄まし
full spec発揮して「本気?」
幸運の女神さえtake my side!

加速風に乗った Beat 
突き抜けて青空ナビゲート
いくぜ1、2、3、Here we go
軽快 爽快リズムに Ride on
Mike つないでリアルに Live
鳴り止まねぇサウンドの中へダイヴ
R.u.n.n.e.r ランナー さぁ出番DA

今の自分追い越して
どこヘ行こう?
fly high 誰より高く

(上昇気流掴まえて)
(上がってけ全部もってけ↑↑)

夏風と白い靴
オフロード駆ける
乾いた砂を蹴り上げて
標識も常識も
完全に無視で
go ahead 誰より速く
I'll get to anywhere

思いつくままaction
燃やせpassion
まだまだ続けるlong trip
たまにはwipe out「でも負けない」
開き直ってそんでOK
上昇気流掴まえて
上がってけ全部もってけ
知りたい 見たい したい 感じたいなら
手当たり次第にI got it!

2007年03月23日

宮古島は大人のためのディズニーランドなのです



”宮古島は何もないところやなあ。。”

今日、とあるゲストハウスのオーナーが、
見送りした観光客のお方々から
かけられて絶句した言葉だそうです。


ちょい前から、
宮古島はいろんな施設が建築ラッシュです。
その中には、
観光にかかわるものもたくさんあります。

確かに、
そういう遊べる施設を希望する
観光客の皆様がおられるのも現実なんでしょうが、

ディズニーランドのように、
そこに行けば
"何かしら遊んでもらえる”ものを作って、
それを宮古島観光の”売り”とするのは、
どうなんでしょうかね?


ディズニーランドのようなお城を作っても、
ディズニーランドのようなアトラクションを作っても、
ディズニーランドのようなサービスを提供しても、

ディズニーランドより
魅力のあるものが作れるとは思えないんですよね。


一方で、
グリーンツーリズムというものに
島の観光の新しい形の可能性を見出す方もおられます。

グリーンツーリズムと言うのは、
言葉の定義はまだはっきりしたものはないのですが、

少なくとも、
”エコツアー”と称して、
やっとることは、
従来の業者の皆さんがやってはるのと同じような
海あそびツアーだったり、
自然観察ツアーだったり、
ダイビングツアーではないことは確かです。

最初に
”エコツアー”ありきでなくて、
普通にある島の生活市民の中に、
観光客の皆さんが、
自然な形で入っていけるようにする”しくみ”や"形”が、
”エコツアー”を考える上での入り口なんだと思うわけです。


普通に集落で利用されている、
小さいながらもあたたかい手作りな農園があるのに、
わざわざ観光用の農園とかをつくって、
それを”農園体験エコツアー”と称して売り出しても
ただのしょぼい百貨店の屋上のアトラクションに
なり下がるだけやと思うわけです。


さらには、
グリーンツーリズムの考え方は、
農家や海人の集落(農村、漁村)を舞台にした、
滞在型観光だけでなく、
飲食も物販も製造もサービスもすべての業種に共通する
宮古島活性化のキーワードだとも思うんですよね。
(自分の仕事に関係ないと思ってはる方が結構いてはるのが惜しいっす。。)


ここんとこはまた、
宮古島ブロガーズのコンテンツブログで、
そういった
動き=(宮古島グリーンツーリズム)や
奮闘する人=(Zumi!宮古島ピープル)”を

いろいろ形で
レポートしてみたいと思いますので、
宮古島で自営されておられる方も、
会社でがんばってはる方にとっても、
「こんな動きや人がいてはるんやなあ。。」
って気づきもあると思いますよ。




・・・




とまあ、
偉そうなこと言うても、
一番勉強になっとるのは、
実は、僕自身なんですけどね。。^^




そうそう。

最初の観光客の方々のこの感想。↓
”宮古島は何もないところやなあ。。”
っての。

僕もこんな風なご感想を、
よく耳にしますよーい。


宮古島は、
遊んでくれる施設はなんにもないし、
なんにもない方が楽しいとこなんです。

宮古島は、
何にもない人にとっては、何にもないけど、
何か楽しみ方を自分で見つけられる人にとっては、
とっても楽しめる。

大人のための
ディズニーランドなんですよーい!



そう答えとりますです。。^^




【本日の付録】
ちょい前に遊んだスポーツカイトの映像です。
風が強い宮古島では、
結構、楽しい遊びですよ。

これの延長線に、
カイトボードがありますよーい。

この日は風がなくて、
あんまし”ぐいぐいひっぱられる感”がなかったのですが、
約1名ほど、ひっぱられまくられて、
翌日、背中の筋肉痛になってもたとお嘆きの
”ご令嬢”がおられましたことを
ご報告しておきますです。。^^
(セルフマッサージできる技術があるのが羨ましい?^^)

宮古島でスポーツカイト

宮古島でスポーツカイト2



【宮古島ファイル。アップです】

〜宮古島ちゃりんこダイエットドキュメント連載中!〜
「 宮古島ファイル 」


2007年03月20日

心優しきアーチストにスペシャルサンクスです!

EEEさんありがとう!

宮古島ブロガーズのコンテンツでは、
YouTube等にムービーをアップして、
動画でも宮古島をアピールしたいところ。。 

映像だけなら、
すんばらしい映像を用意するのは、
宮古島では苦労しません。

けど、
多くの人にアピールするには、
映像に、”音”が欲しいところ。


ぶっちゃけ僕の声というノイズだと、
宮古島の映像台無しやし。。^^


ホントは、
宮古島アーチストの皆さんに
お願いしたいところなんですが、
著作権の問題で、やっぱムリがあるんですよね。


【この辺のところは、前に書いた記事参照↓】
”今日も空は爆音でふたつに割れてる。。”


なわけで、
以下の3点を念頭に、
インディーズのすんばらしいアーチストに
お願いしてみようと思ったわけです。

@ものすごくいい”音”を出してはる

A楽曲がドラマチックでんがな系である

A著作権を自己管理してはる(又はしてはりそう)


まあそう思ても、

”宮古島アララガマ商店”も、
”宮古島ブロガーズ”も
超人気爆発ウルトラもんきーサイトならいざ知らず、

かなりの弱小サイトなので、
決意はしたものの、
こんなこと頼むのは
身の程を知らないと言うか・・

なんちゅうんでっかね?


”恥ずかしいにもほどがあるわぁい!”

って感じではあるわけです。


でぇ、

”ダメもと”
ってのが前提といつもの結論に達して、

突撃・・^^




結果。。




以前にご紹介した”EEE”さんが
自己管理してはる曲は

”使っていいよ〜〜”

って
快諾してくださいましたよーい!。。^^


・・感動で涙ちょちょぎれそうであります。。



【以前紹介した記事はこちら↓】
”mF247は使えます”

”EEEさんのHPはこちらです”
(注!曲が鳴りますよーい。ヘッドホーンのご用意をば。)


音質が良いので
CDでもオススメですよーい!
”DROP YOUR MESSAGE VOL1”



【で、そのムービーのアップは?】
"EEE"さんの
HPのオープニングでも使用されてる楽曲。

”ランナー feat.KIKUZO”
第一弾として使わせていただく予定ですよーい。


気合のムービーは、
以下のコンテンツブログのムービーで近日アップ予定です。
「 宮古島ファイル 」


こちらの”EEE”さんの楽曲使わせてもらって、
YouTubeで
”沖縄”又は”宮古島”って検索すると、
いっぱい出てくるように、
ムービー作り倒しますよーい!



〜ps.〜
静かな宮古島の海で
聴きたい癒されたい系のアーチスト
Miwaさん超オススメです!

是非一度聴いてみてくださいよーい!

”MiwaさんのHPはこちらです”




【すぺしゃるサンクスです!】
今回の”すばらしき音探し”

ぶっちゃけ予想通り、
軽ぅ〜くあしわられたりしたことも多々ありましたが、

それは仕方ないことです。。


それよりも、
今回、僕のような弱小サイトにもかかわらず、
使用許可してくれはった”EEE”さん。

そして残念ながら著作権関係で難しかったけど、
誠実に対応してくれた”Miwa”さん。


ホントにホントにありがとう!

2007年03月19日

重くていじったらぶっ飛んだのでモスで天井眺めてた。。

ドラゴンボール。。かあ?

骨組みだけ作って、
なんとか公開にこぎつけた宮古島ブロガーズ

がしかし、
トップ画面が重いとのご指摘、多数を受けて、
バグをとりながらプログラム系のヤツ外したりして、
いろいろ手直ししてたんですよね。



連続10時間ほど・・^^



そしたら、
突然、データがぶっ飛んでしまった。。
(あ〜〜やってもた。。)

でも、
バックアップとってたので大丈夫!



頭の方は、
”ヌボォ〜〜〜”として、
大丈夫とも言い切れんものがあったので、

気分転換に散歩がてら、
モスに、コーヒー飲みがてら行ってきました。


今は、時期的に、
モスも大繁盛のようで、
観光客の皆さん多数の賑やかな中、

アイスコーヒーのLサイズ300円也!
を飲みながら、
”ボケェ〜〜〜”として、
(アイスコーヒー=大阪的には”レーコー”やな。。^^)

天井なぞ眺めていたら・・・

ってことで、
再生ボタンうぉん!
(どうってことない映像なんですけどもぉ。。^^)



これ。

なんなんでっかね?



照明ランプ?

ミラーボール?

ヘリウムガス入りの風船?




・・・




まさか、

ドラゴンボール。。。か?!



何にしても、
疲れた脳みそクンにとっては、
”元気玉そのものに見えて?”
とっても楽しかったようで、

無意識に何度となく
ボケェ〜と眺めとりました。。




・・・




落ちなし!^^





【宮古島ブロガーズはどうなった?】

とりあえずサイトの方は、軽く仕上げて、
(まだバグも多いし、仕掛けもしとらんのやが・・)

ついでに、
”宮古民謡”のコーナーを作ってみましたよ。

歌詞と訳に、
簡単な解説なぞ入れてみました。
(まだまだ勉強不足なので間違えてたらご指摘お願いしますね)


がしかし、
唄は歌わなければ(音がなければ)意味ないんで、

こちらの方は、
僕自身も宮古民謡を楽しみながらいっぱい聴いて
その背景を勉強しながら、
このコーナーに唄を徐々に増やしていきながら、

実際の”音”の方も、
宮古島で活動する様々なアーチストの方々に頼み込んで、
ライブ映像とポッドキャスト配信も行う予定ですので、

ご期待くださいよーい




さて・・・寝よっと。。^^

2007年03月10日

私とオレと僕とわし。。

翻訳された小説とか、
映画の字幕とかもそうなのですが、
日本語で文章にするときに、
自分をどう表現するかってのは、
かなり悩むところです。

ビジネス文書なら定番の”私”を使うところですが、
ブログで日誌やコラム的なものを書く場合、
これってかなり重要かもですね。


例えば、
My name is Kan.
って英文があったとして、

「私の名前はカンです」

「俺の名前はカンです」

「ワシの名前はカンです」

「僕の名前はカンです」

と、
ちょっと考えただけでも、
どう表現するかで受け手がもつ印象がだいぶ違って来ます。

日本語はバリエーションが豊富なだけに
使う単語を選ぶ言語ですわな。。


宮古島アラガマ商店も、
そこんとこ考えた末に、
”わたくし”と表現することにして2年過ぎましたけど、

昔のを改めて読み返してみると、
それ以外の言葉も
まあまあ丁寧な普通の日本語の文章やったのが、
段々と普段のしゃべり方の大阪弁になって来たりして・・^^



実はこれ。
つい最近気づきました。。^^



う〜ん。。なるほど。

このせいで
印象がイマイチやったのかも?。。^^

・・・こないにお茶目やのに。。
(これって死語かもな。。^^)



なわけで、
宮古島ブロガーズの運営開発日誌として
リニュアール公開するにあたって、
かなりマジ話も増えると思われるので、
これは良い具合にイメチェンの機会到来!

ソフト路線に変更ってことで、

”わたくし” ⇒ ”僕”に変えることにしました。


まあ、候補的には、
超ソフト路線の
”僕ちん”くらいにしてもよかったんですが、
それはそれでかなり痛いヤツに思われるのが想像に容易いもんで、

思いとどまった次第です。。




・・・



思いとどまれてよかったあ。。
(ノリでいってまいそうになってたりして。。^^)


2007年03月09日

宮古島ブロガーズのオープンです。



”宮古島ローカル情報探検サイト”
「宮古島ブロガーズ」のオープンです。

午後3時現在、
未だにテストアップ状態なのですが、
今日中には、正式アップすべくがんばっとりますので
宮古島情報サイトのひとつとして
ご利用して頂ければ嬉しいです。


構想1年。。

ホントのところ、
未だにアップできる状態じゃないのですが、

ズルズルと公開延長していっても何にも生まれんので、
公開しながら形にしていくことに決めました。

とは言え、
そこはまだぺっぽこ管理人。。



さて、
次回より宮古島アララガマ商店は、
宮古島ブロガーズ日誌のカテゴリーをつくって、
サイト運営の舞台裏あれこれをお届けしようと思います。


まあ、
リニュアールってやつですな。


ってなわけで、それと同時に、
大阪弁まるだし過ぎると、
いろいろ真意が伝わりにくいこともあるので、
とある裏ブログで標準語の練習しときました。^^


これからは、
なるべくおとなし目の大阪弁でいこうかと。。^^



【おまけ】
ジェネレーターで予告つくってみましたので、
サイト公開までそちらの方をお楽しみくださいませ。

2007年03月03日

昨日の敵は今日の友。。

去年の11月にアップした
”乾燥ウ○チが爆発した日”
続編?でございますです。

まだ読んでないお方は、
上のリンクをクリックして
先に”さーー”と目を通していただければありがたいっす。。
(あ。題名どおり普通に下品なネタです。。^^)



・・・



さて。
この爆発ワンコなんですけどね。

その後も、
わたくしとの間に冷戦状態が続いていたんですよね。
(遠くの方からこっちの様子を見ながら唸ってやんの。。)

でぇ。
そんな気まずい関係状態の
こないだの水曜日。

このワンコも住んでる、
わたくしの某秘密基地のある集落に、
”たのしい仲間達?”と寛いでいると、

そのたのしい仲間達の約1名が、
某秘密基地に
この爆発ワンコを抱っこして連れてきたんですよね。


”このワンコ、ふくちゃんって言うんやでえ〜〜”
って。。
(どうやらご友人のご様子。。)



・・・



ぶっちゃけ冷戦状態なもんで、
おとなしくしとる時のヤツの顔を見たことなかったもんで、

最初は、誰やかわかりまへんでした。。



机をはさんで見詰め合いながら確かめ合う、
わたくしとふくちゃん。。

わたくし 
「見たことあるワンコやのぉ〜〜(誰やっけ??)」

ふくちゃん
「見たことある人間やぉ〜〜(誰やっけ??)」


先に気づいたのは、
さすがにふくちゃんの方やったようで、
わたくしが近づくと微妙に逃げるふくちゃん。。
(まあ、わたくしにウ○チ投げつけられとるからのぉ〜〜)

その気まずそうな様子を見ながら、
やっとこさ思い出したわたくし。。
(おお!爆発ウ○チ犬やったかあ!)



しばし緊張感が走った後・・・

走馬灯のように思い出す数々の出来事。。


秘密基地の庭にウ○チされまくった事。

乾燥ウ○チを投げつけた事。

集落中をマジェくん共々、追いかけまわされた事。


ふくちゃんの優しい笑顔をみとると、
もう怒りもどっかいってもうたわけでして。。
(ちなみにふくちゃんは、”笑う犬”なんです!)


全て水に流しました。。


そして、

なかよしになりましたあ〜〜〜!


な訳で、
ご紹介しましょう!

笑顔なワンコ!ふくちゃんです!
ニュー友!ふくちゃん!


もうすでになかよしこよし状態のふたりには、
なんのわだかまりもありまへん!


こんなことだって出来るのですよーい。

友達だから噛まれません!


さらには、

にぃぃぃ〜〜〜〜!
友達だから許されるのです!



ふくちゃぁ〜〜ん!

いつでも遊びに来るんやでぇ〜〜〜



(追伸。。)

その後、
ふくちゃんは、
わたくしとマジェくんの姿を見ると、
どうも嬉しくてたまらんようで、
追いかけまわされて困っとるんですよねえ。。
(う〜ん。。どっちゃにしても追いかけっこする運命なんでっかね?^^)
posted by カン at 01:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 沖縄/宮古島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする