2007年09月28日

これが宮古島”隠れグルメ”超有名食堂だあ〜〜!

恐らく
ネットで検索かけても出てこない。。


お客さんの地元率が

ひじょーーーに高い。。
(特に夜の居酒屋営業なんてすんごいしぃ。。^^)




超ディープ&大人気な

宮古島”マジ”超有名食堂ですよーい!



まずは、

宮古そば定食。。

600円!

07-09-28-1.jpg
(そばの具にはりっぱな"お肉さま”&アーサーのってるしぃ!)


続きまして、

豚しょうがやき定食。。

700円!

07-09-28-2.jpg
(味噌汁もただの吸い物じゃ〜ないんだよ)

さらには、

どちらも食後に
アイスコーヒーかアイスティーの

ドリンク付き!



ほんでもって、
店のオーナーネエネエの

おもしろトーク付き!^^




誰が見ても

宮古島最強食堂間違いなしぃ!





実は、
前々から

ひじょうぉ〜〜に
よぉ〜く知っていたお店なのではあるが、


あまりに知りすぎとるもんで?、

あえて行かなかった名店であります。。
(行けなかったと言うべきか。。^^)



全メニューを制覇した暁には、

また改めて紹介しますね〜〜



なんたらガイド本に
ムリから載っとるような店よりは、

確実にオススメできる
宮古島の名店のひとつでありますよーい!
(実は関連店がふたつあるのだよ。。^^)





ちゃちいくせに
アホみたいに高いメニューしかない
リゾートカフェなんて大嫌いだあ〜〜。。派としては、


こういう昔ながらの
宮古島的食堂が増えて欲しいんですよねえ。。


2007年09月27日

沖縄のすんごい会社



沖縄県の宜野湾市に
”CBブレース”という
変形性関節症などにより、
膝や肘に痛みを持つ方々のための装具の開発により、

第1回ものづくり大賞を受賞した
「佐喜眞義肢」って言う会社があります。


この”CBブレース”

わずか数万円で
オーダーメイドCBブレースの提供が可能で

しかもそれによって
筋力がつくと回復を目指すことも可能な
画期的な製品のようなんですよね。



自然や文化を切り崩しながらの
観光産業や農業、漁業が花盛りの
沖縄的でない沖縄産業界ですけど、


ものづくりと言えば、

ロケット打ち上げで話題になってる
東大阪とかの町工場の話ならあるような気もするけど、

まさか
ものづくりの分野で
沖縄にこういった
ものごっつい会社があったというのは、

驚きでしたがな!



でもまあ、
宜野湾市が歴史的に
ものづくりに力を入れてるってわけじゃなくて、


こちらの代表の佐喜眞保さんが

ものごっつかった!

ってことが正解のようです。




あ。
さて。


弱い立場の人に
接するするような立場の仕事に就いてる方には、
私人、公人かかわらず、

変なエリート意識持っとる
高慢な先生や何たら職人が多いですけど、

自らを
「義足”屋”」と名乗って真直に活動されてはる


その姿には、

さらに感動ですがな!




がしかし、

わずか数万円で
オーダーメイドCBブレースの提供が可能で

しかもそれによって
筋力がつくと
回復を目指すことも可能な
画期的すぎる?製品のようなので、


このYouTube映像の中にもあるように、
様々なレシピを患者に提供することによって
利益を上げるシステムの中にある
現行の医療制度の中では、

歓迎されてない状況もあるようです・・





まあ、
「プライドと偏見」っちゅう恋愛映画のリメイクが
キーラ・ナイトレイさん主演でやっとりましたけど、



高慢と偏見に
支えられた?方々のつくった制度は、

利用者や製品に対して
真直に向き合おうとしとる
佐喜眞さんのCBブレースに比べれば、


所詮は、
ガキんちょの工作のような

幼稚なもんでしかないんちゃうのぉ?!






・・・





最後は
ちょっとムリから締めて見ました。。^^




【関連リンク】
(株)佐喜眞義肢
第1回ものづくり日本大賞のHP
CBブレースとは?




【こちら映画ファン向けっす。。】
プライドと偏見
高慢と偏見

2007年09月26日

観月会で沖縄を返せと叫ぶ。。



宮古島の下地の
気骨あるエコなファーマーとして活動されてはる
古波蔵さんちで

”お月さんを見ながらシマでも飲もうじゃあ〜りませんかあ!会”
に行ってきましたよーい。
(簡単に言えば、観月会ってやつです。。^^)


アートオブティダのゆりねえの先導の元、
車3台に分乗してレッツらごー!


なんだか

遠足みたいな雰囲気だあ。。^^




到着すると、

古波蔵さんが、
歯ごたえがたまらんエリンギを焼いててくれて、


それを古波蔵さん自家製の
宮古島の海水で作った

”オレ塩”で食ってみるべし!

とのおすすめが。。
(”オレ塩”ん?どっかで聞いたことあるような・・^^)





ぱくり。。




うみゃぁ〜〜い!


エリンギのコリコリ感と旨味が

自家製オレ塩で
倍増しまくりやがな〜〜〜




この感動を、

かの有名グルメレポーターの彦麻呂風に言うと、



見てぇぇ〜〜


宮古島のきのこ革命やぁぁ〜〜


きのこ界のプリンスやぁぁ〜〜〜


・・ってな感じ。。
(うっ。完璧にスベッた予感。。^^)









日中は
まだまだ暑い宮古島ですけど、

パリ(畑)に囲まれたど真ん中で
夜風に吹かれながら皆でオトーリ廻しながら飲むと、


激しくすすみますです。。^^




この日は、
お月さんのあかりで飲む会ってことで、

ほぼ真っ暗の中でのゆんたくでしたが、


日常生活しとるすぐそこに、
極上のガーデンレストランがあるってのは
サイコーっす!





やっぱええわ。。宮古島。。




ってなわけで、
皆の意見が一致した後は、


なぜか、

沖縄のアメリカ統治時代の
沖縄返還闘争のシンボル的な曲である

「沖縄を返せ!」

という曲を大合唱しながら、
夜は賑やかにふけてゆくのであった。。^^





これから涼しくなると
虫も少なくなるし、

月あかりでバーベキューゆんたくってのも
いいかもね!



後は、
もうすぐ宮古島にご来場予定の、
塩焼きサイズのサユリをゲットせねば!。。^^




・・・






【本日のおまけ画像。。】

完璧のペキペキに出来上がった僕と、
宮古島の北斗の拳のトキ?との
とっても平和なツーショット写真。。
宮古島で北斗の拳のトキとツーショット。。





【付録リンク〜”沖縄を返せ”ソング集】

沖縄を返せ(おとなしめ風。。)

沖縄を返せ(軽快行進曲風。。)

沖縄を返せ(壮大な組曲風。。)



ちなみにこちらの曲は、
もちろんJASRAC非該当だそうです。。

まあ、
メッセージソングが
JASRACに登録してあったら、

虚しいもんがあるわけやが・・^^
(あきんど魂第一な曲多すぎ。。)

posted by カン at 08:36| Comment(2) | TrackBack(1) | 沖縄/宮古島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

福音ネタ?それとも社会ネタ?




まずは、

なんとなく見つけてしまった
YouTube映像をご覧くださいませ。
(速攻、消される運命かと思うのでお早めに。。)



経済的に停滞し続ける宮古島。


こういった”夢のような事業”は
誰もが飛びつく(飛びつきたい?)ネタなのは

当然僕も同じくです。。^^



ってことで、

飛びついてみましたあ〜〜!




こちらの事業。

モデルルームと考えてると言う、
マグロ養殖施設もオープンしてるわけですけど、


ものが
寿司ネタ関係ってこともあって、
寿司好きな僕としては

普通に耳にしたら、
注目せずにおられん事業だったりするわけで、

実は、
小さな看板建てて建物の工事しとるときから、
気になってたんですよね。。



さて、
僕は関西出身なわけなんですけど、

関西でマグロ研究機関と言えば、
近畿大学なんです。



近畿大学の水産研究所では、
マグロの完全養殖に向けての研究が前々から行われてて、

平成14年には、
世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功したわけなんですよね。



まあ、
このクロマグロの
完全養殖にいきつくまでにも、

ハマチ、マダイ、シマアジ、ヒラメ、
トラフグ、イシダイ、イシガキダイなどなど、
(書いてるだけでヨダレがあ〜〜〜^^)

いろんな魚の養殖〜事業化に成功してて、


そういった
関西ローカルなニュースを見るたびに


うおぉ〜〜〜

寿司大衆化時代到来じゃあ〜〜〜


って
ひとりで狂喜乱舞しとったわけなんです。。^^



養殖販売のベンチャー事業化を報じた
近大新聞ニュース↓↓
■ここクリックぅ!

さらに
HPはこちら↓↓
■アーマリン近大(近畿大学水産研究所のベンチャー事業)




まあ、
そんなこんなで養殖魚の研究は、
この分野では日本一
いや世界一の研究機関なんではないかと思うわけです。




さて、


現在では、
近畿大学のこちらの研究は、
文部科学省の推進する「21世紀COEプログラム」で
「クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点」が採択され

いっそう活発な研究が行われているわけですが、


それによると、

熊井英水教授を拠点リーダーとして、

以下の、
4つの事業推進グループで構成されとるようです

・種苗生産・養殖グループ
・環境保全・資源動態グループ
・飼料・食品安全性・加工グループ
・流通・経済グループ



もちろんこれは研究のための研究ではなく、
近い将来、
事業として収益をあげることを目的とした
現実的な研究と言うことのようでんな。







う〜ん。。


昭和23年に設立されて以来、養殖研究一筋!


現在では技術的にも成果が現れ、
多くの専任の研究者や研究機関を抱え、
さらには大都市圏にあって流通しやすい環境にあっても

まずはベンチャー事業として
慎重に立ち上げてるところを見ると、



具体的な収益構造の見えない

宮古島の事業の勝算はどうなんよ??



もしかしたら、
入場料とエサ代が主な収入源?ってことは、

1300円+200円=1500円。。

1500円×一日200人=30万円

30万円×30日=900万円!!



わーい!

年商1億円コースだあ〜〜〜い。




・・・


って計算かも??



将来のレストラン事業も
人件費や運営費が
これのどこから出てくるのかもよくわかりまへん。。
(年商一億円計画がうまくいくことを祈る!)



まあ、
その前に、

宮古島には、
年間、一日平均200名の観光客を集めてる施設は
過去にも今現在も

存在したことないですから!
(集客モデルから考えなければならんようで。。)



なもんで、

現実の来客数から収益の計算すると
ホラーな数字しか出てきません。
(従業員の給料自体が心配だあ。。)



もうすでに
いろいろと投資して
かかわってはる地元の方も多いだけに


最終的に、


ヘタこいたあああ〜〜〜

でもそんなの関係ねえ!


ってことにだけは、
ならなければいいのですけど・・・




とまあ、
なんやかんやと
不安材料は並べてみたものの、


それでもなお、

寿司好きかつエンゲル係数の高い
一宮古島市民としては、

ぜひとも成功して欲しい気持ちは

むちゃくちゃあるんですけどねえ。。



今度、行ってみよっかな?^^




【追記。。】
それにしても
おもろそうなネタさえあれば
影響力考えずに安易な放送してまうマスコミが
恐ろしいっす。。
(僕んちのようなプチブログちゃうんやからねえ。。)




【関連キーワード】

●21世紀COEプログラム

●クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点

●アーマリン近大(近畿大学水産研究所のベンチャー事業)

●宮古島マグロ回遊館ラボタ

2007年09月11日

晴れてるのに伊良部島だけ集中豪雨ムービー

あるとっても晴れた日のこと。

車で狩俣海岸あたりを走ってたら、

あれよあれよと言う間に、
伊良部島にだけ雨雲が寄ってきてきましたとさ。

こんな感じ。。↓↓
伊良部島だけ集中豪雨!


おっ!

ムービーチャンスやん!


宮古島名物、
半分雨&半分晴れの


”半雨半晴”特ダネムービーが撮れるはずぅ!

(ちょい苦しめの造語で失礼。。^^)



でぇ。

撮れたのがこれこれ↓↓




宮古島でも
城辺の一周道路あたりで
たまに遭遇するけど、

これってどういう原理なんかな?


今流行の
気象予報士さんならわかるんでしょうねえ。。


う〜ん。。

激しく気になる。


今度また図書館で
気象関係の本でも借りてみっかな?^^






【バーべキュンゆんたく】

前回、告知させてもらった
宮古島のズミな民宿「島人」での

”バーべキュンゆんたく”の様子は、

ゆんたく専門ブログ?
「宮古島ピープル」の方に
アップしときましたよーい。


それにしても
夕焼けがものすごく綺麗かったし。。
久松集落の夕焼け

夕焼けの綺麗な日は、
民宿島人の屋上で

ビール片手に詩人になれる予感。。^^
(まあ1000パーセントありえんけど...)

posted by カン at 02:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄/宮古島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする