2007年10月27日

奇跡の1マイル???

とっても沖縄的な都市鉄道の風景?
那覇都市モノレール

とっても沖縄的な都市の街角風景?
那覇新都心

とっても沖縄的な都市鉄道と街の風景?
那覇都市モノレールのある街角


那覇に行ってきたので、
感想っす。


国際通り。

”畑のひろがる細い一本道・・・”

戦前の風景だそうです。


そんな国際通りも、
戦後の焼け野原から
目覚しい発展を遂げたことにより、

1952年。
アメリカの新聞記者から

「奇跡の1マイル」

と評されたらしいです。



さて。
それから半世紀が過ぎましたとさ。




沖縄の奇跡ねえ・・・





亜熱帯の沖縄で
水虫間違いなしのブーツを履きこなす
最先端ファッションな人々がゆきかう中、

全国有名金太郎飴チェーンの
居酒屋やファミレス、コンビニのグルメを楽しみ、

他人との一体感なく走り回り出した
沖縄新名物の都市モノレールでたどり着いた我が家は・・
(そのうち経済活性化対策とか言うて地下鉄導入するはず!)

ジャグジーバス&サウナ付きの

超高層マンションか?


それとも

ヨーロピアン風コンドミニアムか?





沖縄の奇跡ねえ・・・




焼け野原からはじめた復興は、
沖縄県民による
沖縄県民のための復興だったはずなのに、

いつの間にか、
能力第一主義の競争社会に突入。。

そして、
内地型の区画整理に都市開発。

今では、
ゆいまーる社会から
格差社会になるのはほぼ決定・・・


街を歩くと、

おしゃれなブランド街のゴミ箱を覗き込む
ハチのケツみたいに髪の毛が固まってもたホームレス。

コンビニの空き缶入れを覗き込み、
ボロボロの自家用車で集めて回る老夫婦。


そしてそれを

見て見ぬふりする人たち。。



けど
それもこれも、

内地の都市では
すでに何処でも見慣れた風景・・・





あ。
そういや、

米軍基地返還後の用地の再開発により、

肝いりではじまった?
おもろまちの新都心開発なんでっけど・・・


ものの見事に、
ゆいまーるの”ゆ”の字も感じれん

レゴのブロックで作ったかのような、

冷たい街でしたあ。。





ん?

次は宮古島か?


それとも
もうすでに・・かも?





【本日の付録。。戦後開発前夜。。】
ゆい出版第一弾である大濱聡さんの
「沖縄・国際通り物語」によると、

終戦後、
米軍のよる旧市街地の接収状態の中、
沖縄の住民はすべて北部の収容所に移され、
その状態が1950年代初期まで続いたもんで、

帰ってきた住民たちは
やむをえずそれまで見離されてきた
国際通り周辺の環境劣悪な土地に
住み着くことを余儀なくされたようです。


1945年10月23日、
住民の旧居住地への移動が指示されてから
那覇にも住民が戻り始め、

この時の
最初の帰還者は
壺屋地区に戻った製陶職人の方々。。
(壺屋地区。。前回紹介した「やきとり寛」もあるところね^^)


ちなみに
戦前の壺屋は半農半陶の生活で、
あたりは草ぼうぼうで道もなかったらしいです。

また住宅建設用の瓦を作るために
瓦職人も那覇入りし、
それはいずれも男性のみだったようです。

1946年1月より、
これら先遣隊(職人たち)の家族が那覇に入り、

1月末、壺屋区設置。


当時の那覇の人口は

982名。。。
(現在30万都市っす。那覇都市圏は75万っす。)



池間島が
800人くらいなんで、
想像してみてくださいよーい。





ちなみに
都道府県庁所在地別の
2007年10月現在の
沖縄県の那覇市の人口密度は、

東京都(新宿)
大阪府(大阪市)
神奈川県(横浜市)に続いて、


全国第4位っす。。






ゆいまーる文化を無視して、
開発に開発を重ねまくり続ける沖縄。。


沖縄の”結”の文化が

オシャレになった沖縄の
オシャレな広告と
道徳教育のキャッチコピーでしか目にすることがなくなり、

過去の遺産となりそうな予感です。


そのうち、
おニューになった
県立博物館の歴史展示物?として
並ばんようにならないことを祈りますです。。





【関連リンク】
国際通りの歴史

都道府県庁所在地別の人口密度

モノレール開業前の
 沖縄県那覇市栄町市場地区の人口密度調査


定番の?随意契約による開発の一例


2007年10月26日

那覇に行ってきましたよ。


今回も時間がなくて、
仕方なく予約してあった飛行機の旅っす。。
(毎回、怖すぎやし。。)

那覇空港に到着後は、
モノレール3日券を購入。。
沖縄都市モノレール3日券

この券を提示すれば、
沖縄そば博物館でのソフトドリンク無料とか、
各種割引付いてますよ。

街中しかウロウロしない方には
お得な券であります。。


で。
那覇滞在中お世話になる
ビジネスホテルへと到着。。
ホテルで研修準備っとぉ。。

最近のビジネスホテル
ウエルカムビアーとか、
朝食バイキングとかあって

サービスいいっす。

ネット回線もバッチシなんで、

翌日の研修に備えて
あれこれ資料見せながら関係各所と、
スカイプで打ち合わせっとぉ。。
(便利な世の中じゃ〜〜〜^^)


打ち合わせ終了後、
街中へとごぉー!

そして、
伊良部島にあるはずの

フナウサビバナタ発見!?

おもろまちに伊良部名物登場か??



”渡り”の途中なのかもしれん。。^^



所変わって、
おもろまちにニューオープン予定の
沖縄県立博物館前にて。。
沖縄県立博物館2007年11月1日おーぷん!その1

沖縄県立博物館2007年11月1日おーぷん!その2

あの日本人のルーツとも言われてる
港川人の化石が

4体も集合するらしいっす!

でも、
11月 1日にオープンらしい。。


惜しい。

もうちょいやったか。。

残念じゃ・・


気分転換に
都市モノレール乗って、
人混みの中へゴォー!

アントニオ猪木酒場もありましたが・・
アントニオ猪木酒場。。


僕的に、
ひときわ目についたお店が

こちら。。↓↓
親しみわきまくりのやきとり寛!


出たあああ〜〜〜!


やきとりの


” 寛! ”



那覇市内に3店舗あるらしいっす。。

3店舗の中でも
壺川駅から徒歩20分?のところにある
(まあ、かなり歩くってことです。。)

こちらの「カン」が
なにかとオススメのようですよ。
(地元民談。。)


2泊3日を締めくくるのは、
やはりおもろまちのシネマQの
月曜メンズディー1100円の日ですよーい!

平日なのに満席です。。
おもろまちのシネマQ

今回も買ってしまった
ビックドリンク1リットルサイズ!
シネマQのビックドリンク!

ちょいイマイチなホットドック。。
シネマQのホットドック!


次回は、
はるか彼方に見えるあの島へ
シーカヤックで渡ってみるのだよ。。^^
2008年5月シーカヤックであっこにいくのだよ。。


そして、

那覇空港。

別れの
スターバックスのカフェラテ。。
那覇お別れのスターバックス!


スターバックス。。


久しぶりに行ったので、
SML表示でないメニュー表にテンバってもうて、


思わず、

「い、いちばんちんこいヤツで。。」


って言うら、


「ハイ!ショートですね!」


って言われた。。





・・・



しょ、ショートだあ〜〜???




じゃぁ〜

”S”でええんちゃうのぉ〜?!





そんなこんなで
宮古空港へと到着。

2泊3日那覇プロジェクトを
無事終了したのである。




それにしても、

宮古に帰って来るとホッとする。。^^


posted by カン at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄/宮古島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

マーブルコートのフライパン

売場で悩むこと3分!お買い上げぇ〜〜

ちょい前まで、
テレビの通販番組で
全国的にガンガン宣伝しとった

マーブルコートのフライパン。。


なぜか今では、

宮古島のいろんなお店の店頭で、
特売セールをしてるのを見かけます。。




一方。。


僕んちの安物の
使い込み過ぎたフライパン。。

ここんとこ
真ん中の部分の
コーティングが剥がれてもうとるせいか、

そこんとこだけ、
やたらと焦げ付くようになっているのを、


見かけます。。




売場で手に取り、

悩むことおよそ3分。。




・・・




お買い上げしましたあ〜〜〜!

新しい相棒!マーブルコートのフライパンくん!



でぇ。
さっそく家に帰って、

”焦げ付かない!”

と言う
宣伝文句を確かめるべく、


たれに漬け込んで売ってある
まるで焦げ付きを誘うかのような?
やっすい味付け焼肉を買ってきて、

油なしで焼き焼きしながら、


実験開始。。




結果・・





これいいィィィ〜〜〜!!!!



まったく焦げ付かず、
水で流すだけでも


あーら不思議ぃ!


綺麗になりまんがな!




後片付けするくらいなら、

”死んだ方がマシなんじゃぁ〜〜!”

な僕にとって、


ティファールの
高級フライパンなんかより

じぇんじぇんイイっー!!




オススメであります。。






【でもちょっと不安な噂がチラホラ。。】

結局、何回か使ってると
油なしではひっつくようになって、

1年もたたんうちに、
普通のフライパンと変わらんようになるでぇ〜〜

との、

周囲の声がチラホラ。。





う〜ん。。


それ。

ありえるぅ!!


ちょっと心配だあ。。
(優しく優しくあつかおっとぉ。。^^)
posted by カン at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄/宮古島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

居酒屋「大安」に行ってみる。

宮古島。居酒屋大安

宮古毎日新聞の

”まちがどぶっく”のコーナーに載ってた

居酒屋「大安」


記事にもあった

お店で聞かなきゃわかんにゃい!

と言う秘伝の
”紅”の秘密?も気になるが、


午後9時までは
寿司盛り合わせ1人前千円のところを

500円!

ってのが


ひじょぉ〜〜に

気になるがな。。


さっそく
調査に向かったのであーる。。




入店後、

大将ぉ〜〜

なまぁ〜〜〜


って頼むと、


はぁーい〜〜

喜んでぇ〜〜〜



景気よく返事が返ってきたりして。




・・・




ウホッ!


”喜んでぇ〜〜〜!”

っての。。^^

宮古島で初めて聞いたがな。。^^



そしてビールと一緒に、

注文できるまで
これでも食べといてね〜〜!

って
サービスしてくれたりして。。

これこれ。。↓↓
山盛り海鮮サラダ!


こういう気配りは、
ホント嬉しくもんですな。


しばらくして

お楽しみのお寿司が登場ぉ〜〜〜

名物?!500円寿司盛りぃ〜〜〜


た、たまらん。。




これって
ひとりで10人前とか頼んだとしても

喜んでぇ〜〜!なのかあ?
(くっ。。肝心なこと聞くの忘れてもた。。)




これからの季節。

おでんもテビチがトロトロでっせぇ〜〜!
居酒屋大安のおでん盛り!

たまごも人数分
サービスしてくれたりして。。
(ありがたや。。^^)




まちがどぶっくでは、
緊張の面持ちで写りこんでた大将ですが、

実際は、
とっても陽気なにぃにぃでしたよーい!



居酒屋「大安」

カウンターもあるので、
おひとりさまでも大丈夫ぅ!


ちなみに僕は、

ずぅ〜〜〜とぉ、

”おおやす”

やと
思っとりました。。^^


”だいあん”

と読むのが正解らしい・・・
(普通に読めば・・ごもっともです。。^^)


posted by カン at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄/宮古島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

食育基本法とトランス脂肪酸天国な宮古島

食品の偽装問題。。

有名、老舗どころが次々と出てきてますねえ。。


あれって、
見つかってないだけで、

何処でもやってたってことなんちゃうんでっかね?



さて。
そんな中。

「食」に関する知識と
「食」を選択する力を習得し、
健全な食生活を実践することができる人間を育てることを目的として、


今年、2007年 6月10日
”食育基本法”が制定されましたとさ。


詳しくはこちら。。↓↓
食育基本法
食育の推進に向けて



こちらの法律。

もとはと言えば、

産地偽装など食品業界の
嘘っぱちを撲滅するために
必要にせまられてつくられたわけなんですけど、

産地偽装や消費期限の偽装なんて、
表面上の偽装を防止する意味より、


食生活や食文化にまで
突っ込んだ内容となってるところに注目っす。




ってわけで、

まず、
現状の善良なる一般市民の食生活の一例は、

例えばこんな感じ。。↓↓

健康おたく講座
健康おたく講座再び


最近、

手作りパンに目覚めて、
毎日いろんなパンつくりまくっとるんですけど、

大量販売店のスーパーやコンビニ、
ファーストフード店とかで、
パン製品買おうとすると、

ほぼ完璧に近い確率で
マーガリンやショートニングとかの
トランス脂肪酸原料が入ってます。。


”植物性マーガリン”とか書いて
健康によさげに見せかけてあっても、


あんなもん
食べれるように加工した

ガソリンでっせ!



旨い旨い!って
ガンガン食ってたら、

肌あれ吹き出物、

さらには
アトピー体質になるのは、

覚悟せなあかんかも?

ですよーい。




さて。

そんなこんなで、
現実問題ありすぎの

宮古島市民お食事事情。。


ぶっちゃけ

”油もんメニュー天国”っす。。




ガキんちょに
添加物バリバリ油もんメニューを

笑顔で食べさせとるオカンみとると
くらぁ〜い気分になりますです。。




がしかし、

こうも
科学的な味が受けるのは、

実は理由があるようで、


自然の旨みは体から脳に伝わって

”うみゃい!”

ってなるようなんですけど、
(健全な体に健全な精神を育む=食育!)


実験室で作られた添加物製品ってのは、

直接、脳に働きかけることによって

”うまうまあ〜〜〜!”

ってさせる
仕組みになっとるわけなんですよね。
(不健全な精神一直線?!)



さらには、
ゆるやかな中毒性もあって、

しばらくすると
次また食べたくなるように
脳が要求するようにできとるようなんです。



でぇ。

知らず知らずのうちに、

体が破壊されてゆく・・・

って感じ。。



もうちょい安心して食べられる製品
どっかつくってくれるとこないでっかねえ・・・

って思ってたら、



宮古島のそよ風さんちが
トランス脂肪酸控えめ?のお菓子を登場させてましたあ。。

”スコーンバナナ”。。↓↓
07-10-13-1.jpg

07-10-13-2.jpg


”クルミとウコンのちんすこう”。。↓↓
07-10-13-3.jpg

07-10-13-4.jpg



若干ながら、

陽気なティータイムが

過ごせそうです。。^^
(がっ。トランス脂肪酸フリーでないのは、現、宮古島食品製造業の限界か?)




食育基本法の
具体的な施策をどうするのかは
まだよく決まってない感じですけど、

宮古島でも
新しい宮古島料理の開発や
スローフードの研究会ができたり、
地産地消の推進が活発化しているので、

そういう動きが
島中にどんどん拡がっていって欲しいです。







【追記。。】
只今大好評で
試食配達中のホームメイドパンなんですけど、

実のところ、
自分ちでパン作ろうと思ったんも、

ややこしい添加物や食材を使ってないパンを
手軽に食べたかったからだったりします。。^^


スーパー、コンビニのパンは、
ほぼ100パーセント、

マーガリン入っとるし。。




亜熱帯の宮古島です。


家庭で作ったら
その日の内に食べてしまわなアカンような加工食品が

何日ももつような”物体”に
突然変異してスーパーとかに並んどったら、

それって
普通に怪しいんじゃないかと、

まずは疑ってかかるべしぃ!



そこには
結構、恐ろしい現実が隠されてるかもよ?





【関連リンク】
食育基本法

食育の推進に向けて

石塚左玄

地産地消

健康おたく講座

健康おたく講座再び



posted by カン at 15:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄/宮古島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

悲しき島国根性。。

僕んちの
オヤジ方のじいさんは、
鹿児島県の奄美大島の出身なんですよね。


明治の人やったじいさんは、
都会で一旗あげようと、
奄美大島から船に乗って、
大阪に働きにやってきたわけなんですけど、


なんせじいさん、

奄美大島弁?しかしゃべられまへん。。
(それも奄美大島でも田舎の方やったらしいし。。)




さて。

島国大国。にっぽん!


この島だらけの国には、

何処にも
いつの時代にも

よそ者を
拒否することによってしか
自分の存在を確かめられんような
島国根性丸出しのアホがおるわけでして、

当時の大阪にも
ちゃっかりそういうアホがおったようであります。


島国の中でも、
スモールの中のスモールと言っても過言でない

離島、奄美大島の
これまた超々田舎で生まれ育ったじいさんが、


そういうアホの
格好の餌食となったのは


言うまでもにゃぁーい!
(じいさん残念!)





結果。。



見事なまでの


大阪嫌いに。。



大阪人は信用ならんし、
大阪の街は
下品極まりない!と言い続け、

死ぬまでずぅ〜〜と

故郷である
奄美大島に帰りたがってましたです。。







あ。
さて。


時は流れて、

宮古島に住むことになった
じいさんの孫である

大阪生まれの大阪育ちの僕。。



じいさんの
南方系?の血が入ってとるせいか、

ルックス的には、
自他共に認める?

見事なまでの
宮古人顔&体型&シャイな島人的性格?であります。


まあ、
それもあってか、

僕自身は、
そないに島国根性丸出しの
えげつない宮古人に会ったことないわけなんですけど、




周囲を見渡すと、
一部の宮古人の中には、

内地人に対して
”嫌言”言わな生きていかれへんような
島国根性丸出しの人が

結構、いとるようであります。



そして又、

一部の内地人の中にも、
宮古の人に対して
”嫌言”言わな生きていかれへんような
島国根性丸出しの人が

結構、いとるようであります。







嗚呼。。

悲しきは島国根性依存症。。




ってことで、

番組の途中ですが、


【島国根性ちぇぇーーーくぅ!】


⇒⇒⇒ ハイ!ここクリックぅ〜!






・・・





さて。
お遊びは置いといてっとぉ・・^^








長くなりそうなので、


まとめに入ります。。






宮古島も奄美大島も


そして日本も


ほんでもって、
海に浮かぶ地球の大陸上の国々自体も、





みんな同じように


島国っちゃ〜

島国やあ〜〜ちゅうねん!!





そやのに、


みやこんちゅもナイチャーもあるかぁーい!


なあぁーんも変わるもんなんかあるかぁーい!





他を排除することによってしか
喜こびを見出されへんような
自虐的なことせんと、

お互いに
おもろかしく学びながら暮らした方が


よっほどズミなんちゃうのぉ?
(ダブルズミぃぃ〜〜!。。くらいにはなると思われ。)







宮古島に住んどるくせに、

「 宮古の人はウザいのよぉ! 」

って
いったいどっから湧いて来るんか
訳わからんような高飛車な態度しかとれんかったり、
(某宮古島サービス業利用客実話集より。。)



何があったんか知らんが、
なんでもかんでも

「 ナイチャーは宮古でやりたい放題! 」
(某宮古島ブロガーコメント集より。。)

とか言うて
我がのストレスのハケグチを
外から宮古に住みに来た人に求めても、


そんなもん
どっちも我が自身で
アホ姿晒しとるだけやがな。。






そんなアホ姿を横目に、


今日もまた、

宮古島には
内地からいっぱい人がやってくるやろうし、

内地にも、
宮古島からいっぱい人がやってくるわけです。
(ドラえもんにでも頼まん限り過去へと時間は戻りまへん。。)






島国根性丸出しで、

現実には
お互いがお互いを
必要としあっとるのにもかかわらずそれを無視して、
お互いを排除しあってたら、


そんなもん悲劇でっせ。






一部のアホな大阪人の
島国根性丸出しの言動のせいで、

僕のじいさんは、
大阪に暮らしながらも大阪を嫌い、

そして、
死ぬまで奄美大島に帰りたがってました。


悲劇ですわいな。




同じように、

宮古島に暮らしながら
宮古島を嫌いな内地人が増えたら

悲劇だと思うんですよね。


ほんでもってまた、

内地に暮らしながらも
その土地が嫌いな宮古人が増えたら

悲劇だと思うんですよね。









【さて。。】
今日のネタは
どっかからのブログからの引用ちゃうんかって?


いえいえ。


たまたまよ。。^^






【関連リンク】
 島国根性。。
 今回は”負”の意味で使ってますけど
 そうでない場合も当然ながらありますです・・↓↓

島国根性は日本の宿命か?





posted by カン at 03:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 沖縄/宮古島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

台風が去って、宮古島の如意棒を確認しにいく。

台風。

ものごっつかったですねえ。。


宮古島で
あんだけすごかったんで、

直撃した八重山地方が心配です。。



っちゅうか、



10月なって、

いきなりデカイの来るなよ!

って感じですな。
(ったく・・)



油断して
スクーターのマジェくん
野外駐車場にほったらかしとったら、


5メーターくらい

ぶっ飛んでたし・・
(ったく・・)




あ。
さて。


台風が通過した後には、

僕は、
愛車マジェくん以外に、


とっても気になって、

必ず確認しにいくものがありますです。



それは、

孫悟空の落とした如意棒かあ?

それとも、
地上から天に向かってそびえたつ

"逆クモの糸”??


はたまた
円谷プロダクション関連?の

巨大セットか???




・・・




あ。

これこれ。。↓↓
宮古島の謎の巨大生物。。



ご紹介しときます。


宮古島的。

育ちすぎ巨大生物くん。。




なんじゃあああーー!

こりゃあああーーー!




夜中。。

酔っ払って

真下から初めて見上げたとき。



あまりにデカすぎて

首とれそうになりながら叫んだしぃ。。






これ倒れると

恐らく、

宮古島沈没ぅ!








今回も、

”倒れてなくてよかったあ。。”

とぉ、



沈没の危機が去ったことに

独り安堵する宮古島ウルトラ警備隊であった。。^^






【追伸。。】

こういうのを
ジューシーおにぎり片手に見てまわるのも、

地域密着型エコツアーってやつなのだよ。。^^

posted by カン at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄/宮古島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

「商品&サービス開発セミナー」に行ってきましたよ。

07-10-6.jpg

沖縄県産業振興公社主催の
「商品&サービス開発セミナー」に行ってきましたよ。


お題は
「新商品&サービス開発の効果的な進め方」

・・です。。


配布された
テキストによりますと。


まずはこれこれ。。↓↓

@、
商品開発の過程において、
独力では前進できなくなる壁にあたることがあります・・・


なもんでぇ、これこれ。。↓↓

A、
商品開発を成功させるために
不足している経営資源について、

企業自身が気づき、
その具体的対策へ歩み出していくことです。

これによって、

企業が潜在的に抱える
商品開発上の課題が明らかになり、

専門家、支援制度等へマッチングが、
支援窓口の担当者によって適切に行えるようになります。




・・ってことで。



これらを踏まえて、

セミナーは開始されたのであーる。




セミナー開催の意図としては、

沖縄振興計画と
振興公社の設立目的をみるとわかりやすいです。


でぇ。

そこんとこはこちら。。↓↓

沖縄県産業振興公社について
沖縄振興計画について




さて。
さて。


今回の
セミナーの中で興味深かったのが

商品開発においては、
”コンセプトマッチング”が重要と言う

セミナー担当者の話です。




コンセプトマッチング・・・


横文字で言われると
なんとなくわかったような
気持ちになるから不思議でんな。。^^



そこで

紹介された具体的な事例がこちら。。↓↓


  田舎のおばあが丹精込めて作った。。ってな
  素朴なコンセプトが売りの商品の販売戦略においては、
 
  例えば
  その商品の成分分析表をあれこれ出してきて

  ”なぜおばぁの商品がオススメなのか?”

  といったような
  科学的な根拠を出して

  薬品の匂いをバリバリさせて
  売るようなことをすんなあ〜〜 
                           
                            」

この場合。

"素朴”を概念的なコンセプトとすると

そのコンセプトによる
具体的なキーワードとしては、

"癒しの味”だとか、
”おばあの手作り”だとか、
”田舎の風景”だとかが出てくるので、


科学の実験室とか、
白衣を着た人が働くコンピュータールーム?
なんかを連想させるような

"成分分析表”や”科学的な商品説明”は
コンセプトに合わない(マッチングしない)


ってな感じかな?



でもまあ、

こちらの事例は
商品開発の事例というよりも、

集客のための
マーケティングの話なご様子。。


ここんとこ
そのまんま突き詰めていくと
顧客の獲得のため(集客ね)には
どうすりゃあ〜ええのか?

っちゅう
利益獲得のための、
具体的なマーケティング戦略の話になってきます。




んがぁ・・


ここんとこはこれでおしまいでした。



残念っす。。





どんなに標的顧客を設定して、
良い商品やサービスを開発したところで、

それを買ってくれる顧客は、

商品開発時に設定された標的顧客ではなく、
現実に買ってくれる現実顧客なんじゃ〜ないかと。
(だいたい標的顧客を頭の中で簡単に設定でけたら苦労せんし。。)


離島である宮古島では
特にこのことが
重要となってくるように思うんですよね。


だから、
"商品開発”のセミナーは、
”マーケティング”セミナーと
セットでやって欲しかったですねえ。。




”商品開発セミナー”ってのは、

「クールな商品を作り出すにはどうすれば良いのか?」

ってな、
”一面に特化した”講座内容に終始することになりがちなので、

実務に興味ある人にとっては

非常に不満が残るところ。。




情報化時代っす。。


商品開発に限らず、
基本的なノウハウとかは

本屋さんに行けば、
その手の内容の本が山積みされとるし、

図書館もネットもあるし、
それ利用して読みゃぁ〜わかるんで、



せっかく
専門家来てくれてのセミナーです。


主題

「利益に直結する集客のための商品開発セミナー!」

副題

「具体的な事例を紹介しまくって質問疑問を受けまくります!」




・・ってな


”実務直結激情型?”のセミナーを


やって欲しいっす。^^






大手企業が競争する場合は、
潤沢な資金面だけでなく、
流通を含めた
マーケティング関連の部署は充実しとるわけで、

”商品開発=売れる場所に即投入〜〜!”

ってな
筋道が用意されとるわけで、

時間的なロスも少なくて
効率的に利益確保に全力でむかえるわけでっけど、


中小企業。。

特に離島を本拠に活動する中小企業の場合は、

商品開発してから
顧客を獲得しにいくような段取りふんどったら
会社の運営自体がたちゆかんようになってくるので、


満足いく
商品やサービスを開発することは、

それを必要としてる顧客の創出を
同時に行う必要があるじゃぁ〜ないかと。。



そしてそれを考えると、

カネや時間、
それに対応する専属スタッフ等が必要となるであろう、
マッチングだけで解決するとは思えんかったです。
(力の足りんとこを補うマッチング当然必要やろけど。。)



ムリから言うてまうと

「商品開発なんかより先に今すぐできる集客じゃい!」

くらいの
勢いでもいいんじゃないかと。。^^







宮古島の場合も、

商品やサービスに悩む経営者よりも、
集客に悩む経営者の方が多いんじゃぁ〜ないかと。



中小企業が多い宮古の場合は、

”商品開発完了ぉ〜!=ん?標的しとった顧客は何処だあ?”

って感じになりがちなんで、


結果として、
利益に繋がる現実顧客に向かうまでに
ロスタイム出まくりで

それがボディーブローのように効いてきて
シャレにならんようになること多いような気がしますです。





商品やサービスの開発ってのは、

結構、自己満足な世界も入ってくるし、
達成感もそれなりにあるんで、
苦しくとも楽しいんではりきってやること多いですけど、

集客の課題は、
より現実的な問題を突きつけられる場面が多いんで、
おきざりにされがちですわね・・


それゆえにか、

「こんなにええ商品やのになんで売れんのじゃゴラぁ〜〜」

って

逆ギレもあるやろし。。^^
(やはり商品開発と集客はセットでなければ意味ないんではないかと。。)



4W1H、
(5W1H,6W1H,7W1Hもあったっけ。。)で
標的顧客を設定して商品開発して、

ものごっつええ商品やサービスができたところで、



後になってから、


その商品やサービスを買って
おカネを支払ってくれるお客さんが

全く見えてなかったことに気づいて
うろたえること多いです。






以上ぉ〜


”商品開発セミナー感想文”でしたあ






まいどまいどのことですが、

Tシャツ短パン、クロックスの
場違いな、
コンビニうろうろスタイルで参加してごめんなさい。。^^
(コンセプト。コンセプトっとぉ。。^^)




まるぅ。





にしても、
セミナーとか講座って、
おもろいでんなあ〜〜


宮古島で開催される場合、
気軽に行ける距離に会場があるのがいいっす!


これからももっともっと
いろんな分野の公開講座やって欲しいでんなあ。。




個人的には、

「 宮古の絶滅動物講座 」

ってのもあったら行きたい。。
(宮古島におったというでっかいシカが気になる。。^^)



posted by カン at 10:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄/宮古島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

宮古島ベーカリー倶楽部(手作り食パン完成編)

オシャレな秋の
オシャレな食卓のために、

究極の手作りパンを焼いてみよう!

と。


思いつきで始めた
宮古島ベーカリー倶楽部シリーズ?

第二弾っす。^^



今回は、
配達用のパンを焼いてみましたよ。


・・とここで緊急事態発生。。



小麦粉とかの重さを量る
クッキングスケールが
どっかいってもて

行方不明っす。。



部屋中ひっくり返して探してみても

見当たりまへん。。




刻々と過ぎてゆく

配達時間。。
(いかん嘘つき野郎になってまうぅ!。。)





う〜ん。。


目分量じゃぁ〜わからんし。。






ん?


そういや、

100グラム単位で計れるという
タニタの体重計があったではないか〜〜!



あ。これこれ。。↓↓
いろいろ使える体重計!?

ってことで
めでたく問題解決です。。^^
(完成品が旨ければいいのだよ。。)



いろいろ使える
タニタの体重計。。


こんど小麦粉の体脂肪も量ってみよっとぉ。。^^




でぇ。

焼きあがったのが
こちらの食パン。。↓↓
手作り食パン正面写真。。


ねっ!

旨そうでっしゃろ!?
(バックの台所の散らかり具合は無視無視ぃ!。。^^)



こちらは
上空からの記念写真っとぉ。。↓↓
手作り食パン上空からの映像。。


ねねっ!

たまらんでしょ!?
(バックの台所の散らかり具合はご愛嬌。。)




イーストな香りに誘われて
どっからともなく現われた
グルメなニャンコくんも

目がうつろ状態だったりします。。^^
手作り食パンを狙うニャンコくん。。


ってなわけで、

この日は2軒。
配達しましたよーい!
手作り食パン出来上がりのアツアツを配達の図。。




コネ具合がちと違う!

皮がサクッ!と中しっとり!

瀬戸の粗塩がほのかな甘みの決め手!




アララガマ・カン作

手作り上等食パン。。



略して。



” カンぱん! ”




小麦粉いじるの、

楽しすぎぃぃぃ〜〜〜^^
posted by カン at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄/宮古島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

宮古島ベーカリー倶楽部(予告編!)

宮古島ベーカリー倶楽部シリーズ(予告編!)

10月です。。


ほぼ夏の宮古島でも、
それなりに秋の気配です。。
(まだまだ泳げるけど。。)



秋と言えば、

食欲の秋なんです。



食欲の秋と言えば、

オシャレな食卓を囲みたいとこなんです。



オシャレな食卓と言えば、

洋風なんです。





洋風と言えば・・



パン焼くしかないんちゃうのぉ!







・・・






ってことで、


人生初のパン焼いてみましたよ。^^







いや、
これがですね。




おっ・・そろしまでに、


天才的に旨く焼けたんです!
(う〜ん。。前世はパン職人やったかもしれん。。)





ってことで、


この感動を分かち合おうと思いまして、

出来上がりホッカホカのパンを
確実に味わってもらえる範囲内で、

暇なときにでも、
適当にムリやり配りまわるかと思いますので、


生ハムに
チーズにワインなんかをご用意して、

気長にお待ちくださいませ。






あっ。


持ってったところの皆様方!



一口食った後は、

どんな味でも

満面の笑顔で褒めてあげるように。。




”うっ。。(マズぅ〜)”

とかなったら、


おもくそ大泣きして、

その場で鼻水つけたるぅ!。。^^






なお、
この配達企画は、


飽きてきたり、
邪魔くさくなってきたら

その場で速攻中止しますので、

よろしくぅ〜〜^^




posted by カン at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄/宮古島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする