2008年01月31日

雨降りなのでトゥリバーカフェ

08-01-31-1.jpg

それにしても雨降り過ぎです


時期的には
雨が多い季節ではあるけど

こんなに降り続くのも
珍しいんちゃうんかな?



さて
この日は

日頃お世話になっている
大家さんちに行く予定でありましたあ〜


いつもは
何か作って持っていっとるんですけど

ここんとこ
それなりに忙しいのもあって
作る時間がないな〜と思ってたら


このほどめでたく
おばば様が90歳を迎えられた
(おばば様おめでとさーん!)

猫ばばさんちの

あの伝説のギャラリー&カフェ

「うえすやー」がふたたびオープン!

とのこと。。


営業時間に間に合うかと
心配しながら車を飛ばし

閉店近くの午後5時頃に

ようやく
猫ばばさん特製

手作りあっぷるチーズケーキをゲット!



猫ばばさんちのカフェ


アートな雰囲気の中

でっかい窓の奥にある
猫ばばさんガーデン見ながら
まったりとお茶できます

これがまた

落ち着くんですよねえ。。


しばらくは
平日休みの身なので
週末営業ってのが辛いところ!


次回
ギャラリーのある平日営業日をば

チェックしとかねば!



さて

大家さんちに行くと
まだ帰宅されてなかったようで

ちょっと時間があいたので


アートオブティダ
うまうまホットコーヒーをテイクアウトして

僕用にとっておいた
あっぷるチーズケーキとともに
時間つぶしのトゥリバーカフェっす。。

08-01-31-2.jpg


ケーキ旨い!


うまいコーヒーに”ホッ”とし

手作りでやさしい味のケーキでもって
またまた”ホッ”とする



雨の日は

こういうカフェタイムも

結構いいかもしれん!




ついでに

アートオブティダの
太陽マーククッキーかざして
08-01-31-3.jpg



”そろそろ晴れやがれぇ〜〜〜”




祈年祭しといた。。(笑)

posted by カン at 19:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 宮古島2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

映画「みやこ」上映運動ぉ〜〜!


「みやこ」って映画知ってまっか?



映画「みやこ」は

山谷哲夫監督によって
1974年に製作された
白黒90分のドキュメンタリー映画で

日本復帰前の
宮古島の水納島が舞台です



以下、
goo映画によるあらすじっと。。↓↓



沖縄の離れ小島・水納島。

五世帯二十三人しか住んでいない小さなこの島は、

現在、
土地問題で騒ぎかえっていた。


十三年前に
琉球政府の勧めで離島苦解消のため、
十八家族が宮古本島に集団移住した。


彼らは
農業移民として移ったのだが、

復帰後の砂糖の値段の暴落のため、
本土への出稼ぎを強要されるようになった。


水納島に持っていた土地も
生活苦のために坪三十円で土地ブローカーに投げ売りした。


宮古島の移住部落。

その戸主のほとんどか
愛知県の下請小企業へ出稼ぎに出て、

残っているのは
老人と女・子供だけである。



映画は、土地問題の実態を、
当人の戸主たちから聞き出すべく、

愛知県の出稼ぎ先の工場へと舞台が変る。



ひどい食事。

一汁一菜以下である。


全員
夜8時から朝8時までの夜勤を希望する。

少しでも
家族に金を送りたいためである。


耳をつんざく機械音、
むし暑い室内、老朽化した寮、万年床。


一日が終ると、
ひたすらカレンダーにバツをつけて、

宮古へ帰る日だけを待ちわびている彼ら。


栄養失調のための
脚気などで、体をこわしていく。

それでも無理をして夜勤を続ける。


やがて「表情」すら失っていく。


彼らにとっては
土地を売った事などはどうでもよい事であり、

彼らの最大の関心事は、
宮古の家族からの便りと、
帰郷の日が近づく事である。


水納島にいた時には、

宮古島が
彼らにとってみると「みやこ」であったろう。


しかし、
宮古に移り住み、

大和(ヤマト)に
出ていかざるを得ない彼らにとって、

大和(ヤマト)は
はたして「みやこ」でありうるのだろうか。

みやこ(1974) - goo 映画






どうでっか?




水納島の家族を通じて

沖縄や宮古島の抱える様々な問題や
当時の(基本は今も変わらん?)生活状況

日本復帰による
内地とのかかわりや土地問題

etc...




あらすじ見ただけで

ひとりでアホみたいに

感動してもうとるんですが...(笑)





さて

1974年と言えば

30数年前。。


そないに
大昔の話というわけではないです



映画に登場する

自らを犠牲にしてでも
家族の幸せを願うという

アララガマなみやこんちゅの
原点ともいうべき人々...



宮古に移り住んどる
プリナイチャーとしても

これからこの島に暮らしていく上で
宮古島をより深く知るためにも

みやこんちゅの原点を知るために
おもくそみてみたい映画であります






がしかぁ〜し!



そんな名作であろう
ドキュメンタリー映画「みやこ」


残念ながら
ビデオにもDVDにもされとらんので

ゲオでもブックボックスでも

レンタル不可能であります




残る希望は、

マティダ劇場で上映会か?

はたまた

シネマパニック宮古島か?





くそっ。。



こういう映画こそ

宮古島で上映会せな

あかんのんとちゃうのぉ〜?!





にしても

この映画に登場する
水納島のご家族

30数年前のドキュメンタリーなら

今でも宮古島で
きっと元気モリモリ

ご家族平和に暮らしておられるはず!

ぜひともお会いして
お話を聞かせてもらいたいもんですねえ。。









【山谷哲夫監督関連の追記】

山谷哲夫監督の
1979年の作品に

『沖縄のハルモニ〜証言・従軍慰安婦』
っていうのもあります

けど
残念ながらこちらもDVDもビデオもなし


舞台が沖縄ってだけの映画や
トライアスロンの宣伝映画やるのも

それはそれで意味あるんかしらんが

こういう沖縄関連の
上質なドキュメンタリー作品がいっぱいあるんやから

商業的に難しいやったら
もうちょい行政とか公的機関が中心となって
そういうのを上映する
機会つくって欲しいもんでんなあ。。



とぉ



とりあえず煽ってみとく..(笑)


posted by カン at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古島2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

ポケットテッシュの付録とは?

ちょい
時期はずれた話題なんですが..


正月の宮古島のスーパー。。

普段見かけんような
高級商品並んでた


まずは
高いんだか安いんだか
よくわからん価格設定の

イベリコ豚のしゃぶしゃぶセット

08-01-26-1.jpg


どうぜイベリコ豚売るんなら

ハム置いて欲しかったような...



続きまして


我が愛しの

寿司ぃぃぃ〜〜〜!

08-01-26-2.jpg

お正月特盛り価格!


お買い上げまでの道のりには

愛と勇気が必要不可欠の

6800えん!

08-01-26-3.jpg


んが

愛と勇気は
また来年用にとって置くことに即決定。。



お正月は
アホほど寿司を食いたかった僕は

質より量ってことで

鉄火巻きとカッパ巻きで
”お茶を濁してみましたあ〜!”仕様の

ツーランクほど下の
2980円のヤツを2セットほど


チョイスぅ!



さらには

ビールは
エビスとモルツプレミアムという

贅沢三昧!



パーティーの模様は

これこれ。。↓↓
08-01-26-4.jpg


大満足ぅ!



最近の
デザート貰い物シリーズ

狩俣の上等民宿の
新築祝いで食べさせてもらった

手作りチーズケーキ

08-01-26-5.jpg


これ劇旨ぁ!!




もう大人になって
だいぶと経っとるこっちゃし

甘いものは
そないに好きでもないわけなんですけど


初めて食った

ロイズの生チョコ

08-01-26-6.jpg



これいいぃぃぃ〜〜〜!



コーヒーとともに
ありがたく頂きましたあ〜〜

午後のカフェタイムを
優雅に過ごせたし。。(笑)




さて

そんなこんなで
1月も後半を迎えたある日


マックスバリューのゲオに
入店しようとすると

小雨の中
周囲をキョロキョロ見渡しながら

宮古島では
あんまり見かけん

ポケットテッシュくばりの仕事を
若干、戸惑いながらこなしとる


おにいさん発見!




そして
なにげにくばられた

ポケットテッシュの付録とは...



な、なんとぉ!


驚きもものきな

宮古ソーキそば無料券!!!
08-01-26-7.jpg



その後
DVDをレンタルした後

もうワンテッシュくらいもらっても

”恐らく神はお許しになるはずぅ!”

と思って

テッシュ兄ちゃん探してみたんやが


すでに
兄ちゃんのお仕事は

完了されたご様子。。



どうやら

テッシュに
衝撃の付録があることを知った
善良なる宮古島市民のご協力により

ソーキそば付きポケットテッシュは

それこそ衝撃のスピードで
瞬く間になくなっていった模様。。




次回

宮古ソーキそば

タダ食いレポートをお楽しみに!(笑)




【 関連ページ 】
●「琉球の風のソーキそばを食いにいく」


posted by カン at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古島2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

バイオエタノールの裏事情...

今年入ってすぐくらいに
いろんなとこで報道されてましたけど

政府が沖縄・宮古島で計画しとった
「バイオエタノール・アイランド構想」

国と大手石油メーカーが推奨する混合方式が異なるようで
メーカー系列給油所での
国推奨の方式(E3)の給油施設の整備が進まず


どうやら頓挫の気配のご様子



とここで

これまでの流れを
超簡単にご紹介っとぉ。。


(もとはと言うとぉ..)

某農業大国アメリカが

エコをアピールとかけまして
自国の農業政策と解く

その心は。。


バイオエタノールの

世界規模の推進運動ぉぉ〜〜

ってな具合に

暗躍。。




(でぇ..)

一方
政治力の全くない我がにっぽん

こういう場合は
いつものようにアメリカさんの言うとおり  


そうそう!

バイオエタノールでんな〜〜

とぉ

エコと言うよりも
アメリカの”エゴ”
ってな裏事情なんて

はじめからわかってたくせに同調。。



(んがしかし..)


グローバル経済の世の中っす

国の方針よりも商売優先!

より利益が出そうな
エタノールを化学反応させた「ETBE」と呼ばれる
燃料添加剤とガソリンの混合燃料の普及計画中の石油元売り業界。。

国推奨の
バイオエタノール方式(E3)は

水が入ると
エタノールが溶けて分離するんで

品質維持が難しいのよねえ。。

(業界団体石油連盟の新日本石油会長、渡文明氏..談)


とぉ

やる気ナッシング





ちなみに

現在、宮古島で
新日本石油系列のスタンドは16か所っす

がしかし
上記の理由により
E3仕様のバイオエタノール構想拒否の模様っす





さて

そんな大人の事情の渦巻く中

1月23日付の
宮古毎日新聞によりますと

現在
E3給油設備が整備されているのは

宮古島内で二カ所で、
今年度2008年中には
さらに二カ所が整備される見込み



...らしいっす





ってことわ?



16ヶ所拒否で
 4ヶ所だけってことなのかあ??



やっぱり全量切り替え構想は困難




そのまんま頓挫ぁぁぁ〜〜〜


のご様子。。





まあ、
ぶっちゃけ普通に考えると

このまま現状の
国のバイオエタノール構想を進めていったとしても

サトウキビは
すでに食料として流通してて
絞りカスだけを原料として有効利用なんてのに
希望を持つのはムリがあるわけで


バイオエタノール計画を進めれば進めるほど

結果として
原料であるサトウキビ自体の
価格や流通問題にかわっていくのは
目に見えとるわけなんで

元々、
自国のエネルギー問題や
環境問題とはまったく関係ない

よその国の農業政策にご協力?
っちゅうような形の中で

訳わからん政治的な理由で始まった
「バイオエタノール・アイランド構想」

頓挫するのは
はじめから予想できたような気もしますです






今回は、
宮古島の「バイオエタノール・アイランド構想」の現状の感想を
あれこれ書いてみましたあ〜〜





けど

そういう僕も
宮古島に住み始めた当初は

サトウキビの搾りカスが
車の燃料になるなんて

なんちゅうすんばらしい計画なんじゃ!

って

単純に感動しとっただけに



結論が見え始めたた今

かなり空しいもんがありますねえ...






【 バイオ燃料関連の新ねた追記 】

九州大の石崎文彬名誉教授(発酵工学)が
福岡に設立したベンチャー企業「ネクファー」が

東南アジアに自生する
サゴヤシの幹から採れるでんぷんを使って

ガソリンの代替燃料バイオエタノールを
製造するための実証プラントを
8月にもマレーシアに建設するらしいです

なにやら世界初の試みらしく

数年後には
商業生産への移行を目指してるらしい。。


穀物価格の高騰を引き起こすなど
弊害が指摘されてとる
穀物原料のバイオ燃料計画とは別に

食用としての利用度が低かったり
元々なんにも利用されとらんかったりする原料を利用しての
バイオ燃料の製造計画さかんになって来ているようです


これは期待したいところ...



バイオとはちゃうけど
自動車業界はガスに代わって
電気動力の車の開発に力入れてるようで

その足がかりとして
プラグイン方式のリチウムイオン電池の
新型ハイブリットカーもそろそろ登場予定みたいやし

エネルギー問題は
ライフラインの問題でもあるので
生活直結してるだけに目が離せませんねえ




それにしても
サゴヤシなんですけど...

これこれ。。↓↓
新バイオ燃料サゴヤシくん!


宮古島でも

その辺で見たような気がする...(笑)



posted by カン at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古島2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

愛のリサイクル戦士”ふぁ〜ふぁ”と戦う

雨降り続きの宮古島です

まだ負傷したヒザが完治しとらんから
あんまり出歩かれんのもあるけど

雨の日続くと
それなりに凹みまんなあ。。


気晴らし兼ねて

薬局に
シップ買いに言ったついでに

インディージョーンズのテーマ曲かけながら
宮古島のリサイクルショップに行ってきましたよ


実は僕は
リサイクルショップに行くの好きなんですよね

08-01-22-1.jpg

と言うのも

リサイクルショップの
定番商品に紛れて置いてある


何じゃこりゃぁ〜〜〜?!

ってな

怪しい商品の数々が醸し出す
ミステリアスな雰囲気?が

大人の知的好奇心を

強烈に刺激するのですよ!(笑)

08-01-22-2.jpg



例えば


これこれ。。↓↓
08-01-22-3.jpg

今は亡き
かつての国民的大スター

金さん銀さん特製フォトマグカップ


50えん。。。



さらには
明治維新の立役者の

このお方。。↓↓
08-01-22-4.jpg


とってもお茶目な

走る坂本竜馬は


大量在庫で


さらに激安30えん〜〜〜!





なかなかの

渋すぎる品揃えであります。。





そして今回

体形的に
僕との多くの一致点から

もっとも愛着を感じたのが

こちら。。↓↓
08-01-22-5.jpg


”売られた君が悪いのか?”

はたまた

”売りにきたご主人が悪いのか?”




恐らくは

デカ過ぎて
スペースとり過ぎたのが運のつき!




気がついたら
不用品扱いの悲しき運命

じゃいあんとテディーベアー〜〜〜






・・・





こういった
不憫なクマさんを発見した場合。。


心と心をぶつかり合わすためにも


なにはともあれ


戦かわねばなりますまい!



ってことで


静かに後ろにまわって

愛と友情の

スリーパーホールドぉ〜〜〜!

08-01-22-6.jpg




クマさんは
とってもふっかふかの

心優しき

ファーファくんでありましたあ。。(笑)




惜しいかな

僕んちは狭苦しくて
毎日金縛りにあうくらい貧乏臭い家なので



次の
大富豪なご主人が
なるべく早く見つかることを

心より願う!




ふあぁ〜ふあぁ〜〜


posted by カン at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古島2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

新春はアートで決める

スタートダッシュでつまずいたあ〜

新春2008年です!


まずは、

かなりはまる人も多いであろう
Tシャツ屋さんが運営しとる
楽し過ぎるブログパーツを紹介しときます


ここクリックね ←←


操作は実に簡単!


Tシャツに
自分で絵を描いてアップしたら

後は
タグをブログに貼り付けるだけ

ちなみに
作成したTシャツは
購入もできるらしいでっせ


アララガマカン作の
「アララガマ商店Tシャツ」は


こんな感じ。。↓↓...






間違っても買ってはいけない..(笑)





さて
正月早々

ケトルベル持って

煩悩の数だけ空たかく

ジャンピングスクワットじゃぁ〜〜〜

とぉ。



はりきって
ムチャな運動したのがたたってか

6日過ぎたあたりから
見る見るうちに左ヒザが

ゴ、ゴジラ化しとるぅ〜!

っちゅうくらい腫れてもて、


おまけに

ヒザに水たまりが出来きだすと

ヒザが曲がらんわ
熱でるわ
痛いわで

絶対安静寝たきり状態へと突入...




これまでの
主なエピソードとしましては、

ウ○チしよ思って
便器に必死で座ったまでは良かったが、

便座上げるの忘れてて
そのまま便器にケツ挟まって

ヒザが曲がらんのもあって

そのまんま動けず..




大きい声では言えないけどもぉ、


脱出までの
およそ10分間

密かに死に掛けてたし...



あと一分
脱出が遅れてチビってもうとったら、

末代までの
恥となったでありましょう...


まさしく、

便座割って以来の衝撃だあ(笑)



まあ、

自力で
脱出できたことは、

ある意味、
めでたいことだっんじゃぁ〜ないのかと

自分で自分を納得させるのであった...




さて
そんな正月らしいエピソードもなんのその




痛み止めの錠剤と
冷却シップを頼りに、

膝の水が抜けるのと
激痛が去るのを待ちながら、
絶対安静面会謝絶状態で、

家で
”じぃーーー”としとった苦闘の毎日も


なんとか復活できそうな兆しっす!




ちょうど20日は
宮古島に近日オープン予定の
ジャグジー付き豪華ペンションの
オーナー宅での新築祝い


いい機会なので、
僕もこの日を堺に

改めて
新年2008年の

スタートをきることにしまっせ〜〜

posted by カン at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古島2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする