2013年01月06日

成人式と宮古島の大人社会。



あけましておめでとうございます!

って言うか、
もうすでに成人式の時期でんなぁ。。

ってことで
この時期ピッタンコなこれこれ。。↓↓


今は亡きアップルの創業者。
スティーブ・ジョブスのスタンフォード大学卒業式辞であります。

今年、成人した方も、
成人して何年、何十年たった方にとっても
鬼籍に入ってない限りは?”気合の入る”演説じゃないでっかね?^^



あ。
さて。

それはそうと、
成人式と言えば、
宮古島の大人社会なんですが...

沖縄の”ていげい文化”っちゅうのは
のんびりした良い面もあるし、
それに引かれて引っ越してきた身としては
言いにくい話なんですが、


その”ていげい文化”が
かなり問題でして、

今や
”ていげい文化”の良い面よりも
”ええかげんな文化”という
”悪しき面”の方が目につくことが多いんじゃないでっかね?


曰く、

約束を守らない。
人の言うことを聞かない&聞けない。
責任感がない。
自分のモノと他人のモンの区別がつかない。
思い込みが激しい。
等々...

これについて
体験したことや見聞きしたなどなど
具体的な例をあげると
”今日のところは”生臭くなるのであえてあげまへんけど、

宮古島も今や古の琉球時代でもなく
絶海の孤島でもないわけで

今やしっかりと
近代社会の日本の一員として
それなり以上の恩恵を受けて
島全体が成りたっとるわけなので

その日本も
昨今の厳しい社会情勢なのもあるこっちゃし
”宮古は宮古だからそれでいいさ〜〜”
なんてふざけた言い訳しとるお方も多々おるようですが

なこと言うとるのは、
じぇんじぇん通用せんだけでなく

ムカつくだけやし。


子供教育がどうだとか、
経済的自立がどうだとかも大事だと思うし
それを議論するのもええことやとは思うんでっけど

宮古の場合は。
それ以前の問題が多いのが現実でして、

もうちょい基本的な社会ルールぐらいは
認識して守れる大人社会を創っていくことからはじめな
島の発展もクソもないと思いまんな。


正月そうそうなんでっけど、
ホンマ、大人としてありえへんくらい
社会性のレベルの低いお方が、
結構いとるのが宮古の実情なのが痛いところです...



とまあ、
今年一発目のブログは、

今の厳しい社会情勢のなか、
”おめでとう!”ばかりの成人式の祝辞では意味がないと思ったので

スティーブ・ジョブスの
伝説普遍な上等演説とともに

あえて宮古ローカルな
ウザい話をば
あわせて書いてみました次第であります。



posted by カン at 17:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 宮古島2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする