2013年09月16日

活動家ムービー


まずはこちら。。↓↓


映画好きとしては
DVDよりもやっぱり映画館の独特の雰囲気の中で
みたいもんであります。

そんな中、
宮古島唯一の映画館である
シネマパニック宮古島はありがたい存在で、
好きな映画をやっとるときは
必ず見にいきます。


んが...


このシネマパニック宮古島。

やたらと左翼のプロパガンダ映画を
ほぼ定期的に上映しとるのは
一体なんなんでしょうかね?

私見ですが..

やっぱ経営者か支配人が
”そっち系”の思想の人なんでっかね?

それとも経営上の
カネのためなんでしょうかね?

今やっとるのも
バリバリ”そっち系”の琉球朝日放送の三上智恵氏が
どう考えても公正とは言えない一方的な視点でつくった
”そっち系思想”のプロパガンダ映画

「標的の村」というのを上映しとるようです。


ちなみにこの三上智恵氏。

大阪の毎日放送で見た顔だったので
宮古でテレビ見たとき

”アレ?どっかで見た顔やな...."
と思ったもんですが、

大阪ではただの原稿読むだけのアナウンサーみたいな感じやったけど
沖縄でのあきらかに公平とは言えない報道姿勢や言動みると

自身の思想に基づいた
左翼活動しやすい地域に来たってことなんでっかね?


ってことで
ここは公正を期すためにも
プロパガンダ映画「標的の村」にはなかった
他方の見方を挙げておきます



まあ、報道じゃないので
両論描けとは言わんけど、
こういう一方的な思想に洗脳するのが目的の
一方的な視点だけの映画のことを
通常プロパガンダ映画と言います。


さらには、
このまえニュースになった
名護市のキャンプハンセンの土地返還の件

(流れ的には。。↓↓)
名護市からの土地返還要請 → 日米両政府が平成7年に返還で合意。

その後...
”名護市側が土地利用がしにくい!”
”市の収入となる借地料も必要やねん!カネ欲しいねん!” 
といつものように”ゆすりたかる”名護市

結果...

これまたいつも沖縄だけは
甘やかして優遇しまくる日本政府により
返還の期限が3回にわたって延期

しかし、

アメリカ軍はすでに当該土地を利用しておらず
借地料を支払い続けるのは適切でないとして改めて返還することで合意。


おいおい。
稲嶺進市長はんよ。

米軍基地はいらんのんちゃうの?!!!
返還されたらカネ入ってこんからってどんな理由やねん!!




ただひたすらに我がの思想以外の現実を無視し
活動のための活動を繰り返す

その正体は
反日かつ反沖縄プロパガンダ映画!!!

三上智恵監督。 「 標的の村 」

一部思想家絶賛のもと上映中!!!


まあ、
こんだけ言ってみると
わかる人はわかるんやろうけど

それでもなお、
素直というか〇〇というか
洗脳され感化される人が一定数おるとこが
今の日本の問題なんやろうけどねえ...



宮古の新聞にゃ〜
このプロパガンダ映画みて
”涙を流す人もいてましたあ〜〜〜!”

なんて感じであったけど、



三上智恵監督。
僕はあなたの存在そのものに涙しましたです。


はい。


posted by カン at 21:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 宮古島2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまたま知っているんですが、そこの映画館主はとある思想家の親戚らしいですよ。
随分前に知ったことなので、人が変わっていなければ、ですが。
私は島を捨てましたが、生活基盤を移すほどに島を好きな人がいてくれるのは嬉しいものですね。
それでもその島はもうどうしようもないと思ってますが。
Posted by ナークー at 2013年09月18日 20:56

こんにちは。ナークーさん。

>そこの映画館主はとある思想家の親戚らしいですよ。

ご自身の思想信条からかもしれまへんけど

あんだけわかりやすく
プロパガンダ映画ばっかり上映してたら
一般の客からは引かれると思うんですけどねえ...

>それでもその島はもうどうしようもないと思ってますが。

残念なことですけど、

同じようなことを
いろんな人(内地人、島人)から
耳にしてるのが現実ですよねえ。。


僕は僕自身の意思で
この島に引っ越してきたわけなので
この島が今よりよりよい島になるべく
昔ながらの悪習を捨て、
この島の良さを残しながら
より民度を上げながら
発展して欲しいと願ってますよ。

まあ、
そう強く思えば思うほど
島に対する文句も人一倍多くなって来るとは
思うんですけどね^^

Posted by カン at 2013年09月23日 00:07
とても面白く読ませていただきました。
人それぞれの受け方うわさがあるものですね。
Posted by シネマパニック宮古島 at 2014年02月06日 18:33

はじめまして。
シネマパニック宮古島さん。

>人それぞれの受け方うわさがあるものですね。


まあ、
結論的には、
常にそういうことですわね。


これは僕のブログなので
今回は僕が思うところを
僕の視点で書いてみましたが、

僕とは違う視点の方からすれば
こういう内容書かれるとイラつくもんである
ということは
僕もまた同じように思ったので
十分理解して書いておるつもりです。



思想的背景が
左であろうが右であろうというのは、
それこそ人それぞれなので

僕とはまた違う視点で
自由に発言したり表現したりする
そのこと自体にどうこういうのは
全くないんですよね。


けれども今回の
「 標的の村 」のように

ドキュメンタリーと言いながら
実は事実関係を
完全に都合の良いように切り刻んで
創作し観客を洗脳状態に陥れる..という

この監督の手法には
許せんもんがあるなと思ったんで
こういう内容の記事を
書いてみた次第であります。




シネマパニック宮古島さんの
立場から見ると

異論反論多々あるかと思いますが
最後まで読んでいただき

また冷静なコメントをしていただき
ありがとうございます。


Posted by カン at 2014年02月07日 12:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374985169
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック