2014年08月10日

広島平和記念資料館に行ってきた話



ちょい前
宮古島〜東京〜大阪〜広島〜沖縄〜宮古島
ってな具合に一か月ほど内地巡りしてきましたあ〜^^

さて。
この時期はやっぱ原爆の話が新聞出てきますわな。

ってなわけで
今回の内地巡りでは
”広島平和記念資料館”へも行ってきました

子供の頃にも行ったことあるんでっけど
そのころは、日本の子供達共通の日教組による平和教育という名の
”日本は悪い国だった”という自虐史観洗脳教育バリバリ受けてたんもあって
それほどちゃんと見てへんかったわけですが、

大人になって普通の感覚で見学してみたら

広島平和記念資料館ってのは
本来の目的(平和を願うための資料館)といったもんじゃなく
ただの自虐史観洗脳教育施設でんな。


たとえば
資料館にこんな説明パネルがあります

質問
「なぜ原爆は投下されたのですか?」
答え
「原爆投下によりアメリカさまが日本をお救いになられたのです」
...ってな意味あいのこと書いとりました
(なんじゃそりゃ!!?)

さらには、
「被爆者の中には朝鮮半島から強制連行されてきた方も多くおられました」
とあります...
(また反日特アへの配慮かい...)


でぇ、
戦争の背景や原爆投下へ至る背景
そして当時の国際情勢や
戦後の国際情勢の説明はほぼ無視&無説明。


たぶん説明していって
当時日本のおかれた本当の状況がわかると
”日本が悪かった”という自虐史観がくずれるからなんやろうけど

展示の仕方や説明みるだけでも

この施設を
誰が誰の目線で
なんの目的で作ったかほんまよくわかりまんな。

ちなみにこの反日自虐史観施設。
訪日外国人観光客の大人気スポットのひとつらしいでっせ。



あ。
さて。

なわけで、
資料館の見学を終えて
平和記念公園〜原爆ドームへと歩いてみたわけですが、

米軍は広島への原爆投下により
35万人の広島の街を壊滅に陥れ、

9万〜12万ともいわれる一般市民を無差別に
虐殺しまくった..
(広島平和記念資料館には絶対に書かない歴史的事実ね)

このあたりはそのシンボル的な場所なわけですが


外国人。
笑顔で写真とりまくりやし...

まあ、事情知らん程度の低いアホな外人はほっといても
日本人の中にもそういうのがおると
ホンマ情けなくなりまんな。


しかしまあ、
こういった平和という名のプロパガンダ施設。

沖縄はこれにも増して
さらにさらに自虐史観バリバリなわけなんですけどね^^



最後に
ここ大事なとこやから強調しときたいんでっけど
戦後、すべての日本人は
アメリカの日本占領戦略の元
日本軍が極悪非道みたいやったみたいな教育受けてきたわけでっけど

広島、長崎への原爆投下は
一般市民への無差別虐殺だったわけです。

また日本全国の主要都市への
B29による大規模空爆もまた
一般市民への無差別虐殺だったわけです。

つまりアメリカは
マジで日本人殲滅作戦を実行していた
というわけです。

だけども
この”アメリカは非戦闘員である一般市民である日本人を虐殺しまくった”
という事実を学校で教えられることはなく、

”原爆や空爆によってアメリカさまが戦争を終わらせてくれた”
として教えられるわけです。

これがおかしいな話であると
未だに日本の国として言えないのが日本の現状である。
...ということをまずは理解せんと

反核プラカードや
日本人殲滅計画の旧敵国であったアメリカが
日本占領計画のひとつとして作った憲法九条を嬉しそうに掲げるしか能のない
平和ボケ信者の声だけが大きいのでは
本当の平和なんかありえんと思いまんな。






昔も今も、
戦争で亡くなられたすべての命に合唱。




posted by カン at 15:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 宮古島2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
原爆資料館を訪れた外国人による質問で、放射能の人体への影響の次に多いのが日本は報復をしないのか?だそうです。
また、すでに日本でも原爆は開発されていたけれで昭和天皇の反対で使用は禁止されたとのこと。それから、長崎ではカソリック教会の側、しかも許しの贖罪?のミサが執り行われている時の投下。あとでいろいろもみ消されたそうです。

最近知った事実です。

近代史 知らない事が 多すぎる ・・・一句 そういえば朝日 吐きました。宮古島市議会議員先生、説明を。
Posted by 南無三 at 2014年08月16日 19:15
南無三さん。
ご無沙汰申し訳ないです。

>最近知った事実です。

久しぶりにアップしたブログにも
書きましたが
竹内氏の日本史講座。

ぜひ見てくださいね〜〜

新たな”事実”が発見できるかもです^^

Posted by カン at 2015年04月08日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック