2016年10月25日

キモイねん!...沖縄平和運動センターというゲテモノ団体




沖縄平和運動センター議長の山城博治氏がお縄になったそうな。
(ピンクの鉢巻きのヤツ。。。)

そういうやことあるごとに宮古島にも来て活動しとるようやが、
一緒になって活動やっとるのは、
内地からやってきた宮古在住のプロ市民と労組関係者。
あと情薄の自称意識高い系のメンヘルナイチャーくらいか?


一般の宮古島市民には完全無視されとる中で
あんだけ派手に活動できるド厚かましさがなかなかのキモさです。


まっ。
沖縄のマスコミはもちろん、
全国紙の大手マスコミなんんかは

平和運動とかやっとる団体の危うさと背景が
一般市民にバレんように(バレバレなんやけどね^^)
がんばって記事にせんようにしてても
こういう動画がアップされるネット時代。

苦しい言い訳しとるようやが
こんなわかりやすい暴力現場証拠動画拡散されりゃ〜
そりゃ捕まって当然やわねえ...

にしても
日本で"平和"をキーワードに活動する団体って
たいがいヤバいとこばっかでんなあ...


宮古島にも
系列組織?の
沖縄平和運動センター宮古島ってのがあるようです。

当時の地元新聞によりますと...

2011年12月26日設立。
議長には全沖縄製糖労働組合の砂川勝哉宮古製糖支部長が就任。
これまで宮古地区労働組合協議会が行ってきた反戦平和運動を継承。
宮古地区13単組が加盟。

議長=砂川勝哉 (宮糖支部)

副議長=新城勝子 (高教組)
池村博和 (沖教組)
下地勝男 (自治労)

事務局長=勝連健治 (自治労)


労働組合ってのは、
平和を掲げて正義っぽく活動しとるけど

過去、内ゲバ事件起こして
爪はぎ合うゲームとか、なぶり殺し愛ゲームとか
なんでもかんでも総括ゲームとか
漫画みたいなキモイことをマジでやっとった組織やし

今でも実体は何も変わることなく
おもっきし暴力革命反日集団みたいでんな。


とりあえず、
とってもとっても怖い人たちのようなので
一般小市民としては名前と顔くらいは覚えといて
道端であっても関わりあいのないように生活しよっとぉ...~~


観光客の皆様も気を付けてくださいませ。^^



posted by カン at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

狙われる宮古島....って話



先月18日の、
宮古島市議会の中国への全会一致での抗議決議。
危機感もった対応で非常に良かったです。

んがしかし、
シナ云々の前に
島内の反日プロ市民の活動も目につく宮古島。

尖閣がどうこういう話の前に
漫画『空母いぶき』では多良間島やったけど
実は宮古島もやばいって話です。


狙われる宮古島。

「地下水保全」とかもっともらしいこと言いながら
必死に自衛隊の基地阻止するべく騒いどるプロ市民のお里が知れまんな...






posted by カン at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

沖縄は日本文化圏であ〜る。



元伊良部高校校長の玉津博克氏の
「宮古・八重山からみた日本文化の南漸」をテーマにした講演動画です。

歴史、遺跡マニア?の方は
おもろかったのでぜひぃ〜〜!

シナ人や南方との交流が多かった中で
現在に至るまで
沖縄は常に日本文化圏であったというところがポイントなんでしょうな。

まあ、翁長現沖縄県知事は沖縄はシナの属国としてみとるようやけど...^^


にしても、

こういう点については
宮古の某暴力革命集団系?の
某イデオロギー郷土史家はどう考えてはるんでっかね?

やっぱ思想が強いゆえに
どんな一次資料も左に曲がって解釈するんでしょうなあ。。^^


ついでに
もういっこ動画をば...



こちらは沖縄近現代史関連の講演です。

”平和運動”と称して反日洗脳講演ばっかりやっとる宮古島でも
ちょっとはこういうのもやってほしいもんでんな。





posted by カン at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

自衛隊の基地は必要や〜っちゅうねん


宮古島の自衛隊の基地。

いるか。いらんのか。っちゅうたら
いるっちゅうねん!

水源地が汚染されるっていうけど

いやいや。、

確実に島を汚染しとるであろう
産業廃棄物バンバン不法投棄しまくっとる島民が多い現実には

”不法投棄反対ぃぃぃ〜〜〜!”
”島の自然を守れぇぇぇ〜〜〜!”
って光景があってもええわけですが、

なぜか今反対しとる方々はそういうのには
目をつむっとる方々なわけなので

そういう個人団体がやっとるような
平和運動という名の
基地反対運動は非常に胡散臭いです。

あともっと言えば、

農業、ゴルフ場と
農薬バンバンつかってる現実もまた目をつむっとるわけで...

下水の垂れ流しとかもあったりしとるわけで...

韓国の産業廃棄物海洋投棄に対しても
なんらしとらんわけやし...


イマジンを聴きながら恍惚となっとる現実逃避家が
自衛隊の基地をつくらせたくない口実に
水源地がどうこういうとるだけにしか思えんのですがねえ...

まあ、確かに
なんであの土地やねん!

みたいなんはあるけど

こんなもん利権絡んどるの決まっとるやん!
いつものことやん!^^

利権なんてあってもええねん。
利権だけ貪って仕事せんのがアカンねん...
(ほぼこんなんばっかりやけど...^^)

だいたい島の利権話をえぐっとったら
反対しとるほうもいっぱいあるやろに...



自衛隊の基地が必要やと思うのは、
シナの侵略って現実ももちろんやが、
(これ言うてもわからんやつはアホです)

地震、津波、災害とかの防災に離島である宮古島には
絶対に必要不可欠なのが非常時の対応組織や
交通インフラなわけで
それこそ基地つくってオスプレイとかバンバン来て
島に何かあったら自衛隊と連携して
住民の緊急時の交通インフラにもなってほしいもんです。


例えばマジな話。

宮古島って立派な病院つくったんはええけど
中身は看護師おらん医者おらん手術できる態勢が整ってない等々、
救急で運ばれたら死ぬ確立かなり高い現実があるわけです。

普段でもそんな状況やのに
災害あったら島自体が即機能停止するわけなので
そういうときに自力で”起承転結できる組織”があるっちゅうのは
非常に重要な命綱になると思われ。

自衛隊の基地をつくるかつくらんかは
国の専権事項なんやから

そんなもん反対してもしゃ〜ないので
出来た自衛隊を利用できるだけ利用して
島の緊急事態に対応できるように
救急救命部隊だとかインフラ復旧部隊だとかは絶対に置いておくように!

とか何とかいう話を詰めた方がええと思うんやけどねぇ。。。

5万人が全員反対!
っていうならまだ反対する理由も意味もあるんやろけど、

新聞報道みると
反対賛成あわせても350人でっか?

なんじゃそれ?!

いろいろ思惑団体が動員かけてこれでっか??

市民向けの説明会する意味あったんでっかね?


ちなみに
自衛隊なら同じ日本人やし
日本国の法律が適応されるので歓迎やが
米軍や米軍施設なら日本の法律適用外なので

当然反対します。



それにしても

暴力革命もよしとしとる日本共産党が
平和運動やってるのみると

冗談きつすぎて

笑ろてまう...^^


素朴な疑問やけど

日本共産党って
公安監視対象なんは
誰もが周知の事実やと思うが

公安監視対象の日本共産党と一緒になって行動しとる
教育委員会だとか労働組合とか
ラブ&ピースの兄ちゃん姉ちゃんとかの団体個人も
やっぱり公安の監視対象なんでしょうかね?


まあ、なんにしても

”健康のためなら死んでもいい!”
って笑い話あったけど

”平和のためなら暴力革命も辞さず!”
って思想も恐ろしいもんがありまんなあ...



<追記>
現在、宮古島では看護師、医師、医療技師が不足してます
不足しすぎて休みが取れないくらいの状況です。
全国の医療関係者の皆様ぜひぃぃぃ〜〜〜!

んみゃ〜ち宮古島!!!



posted by カン at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

だし巻きたまご

16-05-31.JPG

現在、大阪。
来週帰る予定。。
もう都会生活はおなかいっぱいです。

はよ宮古に帰りたいっす...
はよ愛猫に会いたいっす...


写真は、
とある居酒屋のだし巻きたまご。

たまごの数を指定して頼めるんで
ちんこいプチサイズのやつも
むちゃくちゃでかいのでもオーダー可能ときたもんだぁ。。^^

だし巻きたまごをおろしポン酢で
ちょびちょび食いながらのしゃべりながら呑む!

このひとときがたまらんねえ〜〜^^


特に洒落たメニューもないけど
昔ながらのお店の方がやっぱ落ち着きまんな。


さて。
増税延期になりましたな。

ええこっちゃ。

っちゅうか
今の状態で増税なんかしたら
日本終わるっちゅうねん...

んが。
それにしても
この国のマスコミって腐りきっとるねえ。。。

「増税せんかったら社会保障費増大の問題が解決せえへんやん!」
「財源をどう確保するんやあ〜〜〜!」」
って同じ論調がほぼ100パーセントやんけ...

100パーセント同じ論調って
こういうのが一番危ないんちゃうの??

それこそ
いつもマスコミが好んでつかっとる
例のフレーズ。

”軍靴の足音があ〜〜〜!!!”

”全体主義があ〜〜〜〜!!!”

ってのが
おもっきし当てはまるんちゃうんけ?...


1997年の3%から5%の消費税増税のときは
税収減っとたやんけ!

2013年の5%から8%の消費税増税のときは
アベノミクスで景気ちょっとは良くなって税収増えとったのに
8%にした途端、税収の伸びが落ちたやんけ!

こういう事実は隠すんかいな?


消費税増税しても全体の税収落ちたら
社会保障費にあてるカネなんてあらへんがな!!!

っちゅうかだいたい今までの消費税って
いったい何に使われたんじゃ??

おもっきしどっか消えとるやんけ!!

消費税なんて
いっそのことゼロにするくらいが
景気良くするにゃ〜
ちょうどええと思われ。。


もっと言うと

消費税ゼロはもちろんやけど
国益よりも省益優先の財務省なんか解体して
税徴収と控除・給付をシームレスにして
税制度自体を納得できるようにして欲しいもんでんな

まぁ、しかし
それぞれバックに活動しとる議員や利権組織ばっかりやから
ほぼ不可能なんでしょうなあ...

日本で革命っつうたら、
”平和”じゃなんじゃと誰も異論がないような
美辞麗句を旗印に一般市民を洗脳しながら
日本の社会文化を否定破壊して

最終的には我がが好き放題できる
超独裁的王朝社会にするってことを言うみたいやけど

ほんまの革命ってのは
制度っちゅうのは常に古くなるもんやから
こういう硬直した制度を抜本的に直し続けることじゃないかと思うわけです。







posted by カン at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古島2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

ストーカー犯罪と日本国憲法



なんか、
アイドル活動?かなんかしとった人。
ヤバいストーカーに襲われたようでんなあ。。。

こんだけのことやっても
この犯人、どうせ死刑にはならんのでしょうな。

僕が被害者の親ならこんな不条理な法律なら
躊躇なく私刑に向かいまんがな!


・・・


う〜ん。。
気が滅入る事件です。。


被害者の方には
なんとか頑張ってほしいです...



さて。
敗戦により
悪の帝国としてレッテル張られた上に
アメリカ様の人種差別主義バリバリの
価値観で与えられた日本国憲法には

そもそも国際社会は、
最高の国民を持つ国々ばかりで成り立っている。

そんな中、
日本は世界最悪のクソ国民ばっかりで成り立つ国なので

国際社会でなにか問題があるとしても
それは常に世界最悪のクソ国民を持つ日本が常に悪いのは決まっとるので
日本人は常に相手国に対して反省と謝罪すべきであり
そうすることによって世界の秩序が保たれ、平和が訪れるのである。

っちゅうような論理で書いてあります。


なもんで、
そんな自虐憲法の中で定められた法律を運用する日本の場合、

例えば犯罪がおきても常に犯罪者が一方的に悪いのでなく
犯罪者に犯罪を犯させてしまった被害者の方にも常に落ち度があるので
例えただちに殺されそうな場面であっても
まずは話し合いを大切にし反抗してはいけないし、
反抗して犯罪者を傷つけた場合は逆に被害者が厳罰に処せられる。

となってます。



具体的に今回のストーカー事件を当てはめてみても、

日本では”殺された後に”ようやく警察は動けるのであって

”殺すつもり”で襲ってくる犯罪者に対しては
警察も法律もまったく何もできない

っちゅうことです。


なもんで

ぶっちゃけ言うてまうと
相手に危害を加えよう”殺してやろう”と思ってひたすら狙われたら
こっちも捕まる覚悟で対処せんと
防ぐことはほぼ不可能ってことです。



具体的に言うとでんな。

通り魔に襲われますわな。

こういう場合、
普通の国では被害者は即座に反撃しますわな。

で反撃したことによって
通り魔の犯人を傷つけたとしても

元々、襲ってきた通り魔が悪いんやから
こういう場合は、
当然、被害者には落ち度はないっちゅうことになって

正当防衛が適応されて
当然の論理で無罪です。



んがっ!

日本の場合。

通り魔に襲われますわね。

危害を加えられる前に反撃すると
過剰防衛で逆に被害者の方が捕まります。


こういう場合の対処法としては
日本国憲法と法律の精神的にはこんな感じです。

まずは通り魔に
「殺したらダメですよ。あなたはきっといい人なはず♪」
っな具合に話し合いを提案しましょう♪

それでも襲ってきたとしても
具体的な危害を加えられるまで
反撃なんて野蛮なことしたらダメですよ〜♪

ここは最後の最後まで話し合いで解決できるように
平和的に誠心誠意を尽くして努力しましょう♪

反撃なんて野蛮なことをするのは
あなたが殺されてからでいいじゃないですか〜〜♪
例え相手がどんな相手でも
相手に危害を与えてしまうより
自分や自分の家族友達知り合いの方が殺された方が
全然マシじゃないですか〜〜〜♪

ってね。


まあ、
所詮、憲法9条の論理ってこんなもんです。
(憲法9条教の人見てる?^^)



今回の犯人、
被害者と肩組んだような体制で顔面中心に
めった刺ししたみたいでんがな...

クソみたいなヤカラでんがな。。


ぶっちゃけ周りに人がいたとして
とっさの判断で助ける場合でも

こういうヤバいヤツ相手の場合は、
中途半端なことやっとったらこっちもヤバいので
ぶっちゃけ覚悟決めて

後頭部を
後ろからいきなりバットで
フルスイングで殴ったるくらいの対処が
ちょうどええくらいの事件やと思うけど

被害者助けるためであってももしそれやってもうたら
こっちが殺人罪で捕まるわけですわな。

だから普通の平和主義?の日本人なら
”見て見ぬふりをする”という
真に情けない結論になるんじゃないでしょうかね?

っつうかこういうの平和主義っちゅうのか?

こういう国民意識でええもんなんでっかね?


逃げた万引き犯捕まえたらたまたま相手がこけて打ちどころ悪くて死にました。
=コンビニの店員の方を逮捕ぉ〜〜!

ノックアウト強盗に襲われたんで逆に相手をノックアウトしたら強盗は頭5針縫いました。
=被害者の方を暴行傷害罪で逮捕ぉ〜〜〜!

こんなんばっかやん。


オカシイんちゃうの?



だいたいこんな論理の憲法かかげて
国際社会で紛争解決しようと夢物語やっとるから

北方領土を日本国民がぶち殺されて侵略されても
侵略したクソソ連が悪いんじゃなくて
侵略されなんの罪もなく国民殺された日本が悪いとなり、

竹島で日本の漁民がぶち殺され侵略されても
侵略したクソ韓国が悪いんでなくて
侵略されなんの罪もなく国民殺された日本が悪いとなり

尖閣の領海侵犯されても
侵犯しとるアホチャイナが悪いでなくて、
領海侵犯されるような防衛行動しとる日本が悪い。となるわけです。



憲法守れ〜〜!
とかいうとる方々

ここんとこ理解してシュプレヒコールあげとるんでっかね?

わかってなくてやっとるとしたら知的障害あるやろし、
わかっててやっとるとしたらただの売国奴ってことですわね。


ってことで
親愛なる宮古島市民の方々。

日常の市民生活的には、

島民の方はご存知のように
宮古島も犯罪に無縁ではありまへん。

で警察の能力もぶっちゃけ低いです。

そんな中、
来島者も増えに増えとるわけやし
理不尽な暴力に突然さらされることもないとは言えまへん。

なもんで現状のこの国のしくみと島の現状を理解した上で
常にご自分なりの対処法は
日ごろから考えておくべきではないかと思う次第です。



う〜ん。
今回、かなり長文失礼しました。


ほな〜〜




posted by カン at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

地震の義援金


熊本県へダイレクトに寄付!!!


現在、大阪です。
どうも肩の調子が悪く、ただいま整形外科にて治療中。。。
激痛でほぼ動けまへん...(´;ω;`)ウッ…

立派な病院たててもまともに治療できないってところが
宮古の大問題なんですけど、
利権で成り立っとることを良しとしとる限り
永遠に解決は無理なんでしょうねえ...

とまあ、いつもの愚痴はこれくらいにして、


地震でんがな!!!

熊本地震...というか
九州中部地震といってもいい様相となっとります。

僕ね。最近気づいたんですけど、
神戸の地震経験したんもあると思うんですけど、

テレビとかでね、
地震関連のニュースや報道をずう〜と見とると
だんだん吐き気が出てくるんですよね。
まあ、実際に吐いたことはないんやけど
これって超軽いとは思うけど
やっぱPTSDの一種なんですかねえ...

そんなに繊細な方ちゃうと思うねんけどなぁぁぁ...^^


九州、熊本がんばれ!!!

ちなみに別府の温泉とか、被災が小さく営業しとるにもかかわらず
キャンセル続きで困ってる観光地もかなりあるようです。

そういうところに遊びにいって経済回していくことも
また支援ですよ〜〜い!
ゴールデンウィークにでもぜひぃ〜〜〜!


ってわけで
募金詐欺や募金セールみたいな販売やっとる似非商売やっとるアホが沸いてきとるようなので
一応、”直で間違いなく被災者のために使われるであろう募金先”をリンクしときます。


熊本県へダイレクトに寄付!!!







posted by カン at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする